2019-05

現地レポート

霧のナラボー

こんにちは。からあげです。 昨日は強い向かい風に吹かれてボロボロになりながらも、ようやくMaduraのロードハウスにたどり着くことができた。レストランでハンバーガーを食べて元気が出たものの、疲れが酷くてロードハウスを出てすぐのところで...
現地レポート

ロードハウスはサイクリストのオアシス

こんにちは。からあげです。 今日も強い横風から向かい風の厳しい走行となり、体力をギリギリまで絞り取られてしまった。今さっき、テイクアウトしたハンバーガーを食べてお腹がいっぱいになり幸せ気分でいっぱいだ。 ナラボー平原の横断は、風が吹...
現地レポート

時差に翻弄される

こんにちは。からあげです。 昨日、無事西オーストラリア州入りを果たしたところだが、困ったことが起きている。それは時差がややこしいこと。オーストラリアは広大な大陸のため、主に東部、中部、西部の3種類の時刻がある。さらに特定の地域の時刻がある...
現地レポート

ナラボー平原もあと半分。ようやく西オーストラリア入りする。

こんにちは。からあげです。 ナラボー平原に入って無補給区間が長くなり、厳しいツーリングが続いている。しかも毎日のように向かい風が吹き、容赦なくおっさんの体力を奪ってゆく。あと少し、とりあえず南オーストラリアと西オーストラリアの州境まで...
現地レポート

海を望むロードサイドキャンプ

こんにちは。からあげです。   よし、準備は万端だ! 霧の中の道をゆく。視界不良で前方がよく見えない。 メガネに水滴が付いて曇ってくる。 むむ、ようやく日が昇ってくれたぞ! 早く霧を飛ばしてくれ!! 霧が消え去...
現地レポート

ナラボーの試練

こんにちは。からあげです。   昨晩はディンゴがテントの周りを彷徨いて眠りが浅くなった。食料の半分はテントの中に入れて、残り半分はカバンの中にキッチリ入れてフタを閉め、自転車カバーをしておいた。何度も追い払ったにも関わらず、大型車の走行...
現地レポート

ナラボー平原の入り口に立つ!

こんにちは。からあげです。 先ほどからディンゴという犬のような動物の遠吠えが聞こえてきて全然落ち着かない。昨晩は雷雨となり、雷の光と音が気になって眠れず。さあて、ブログ記事を作成してさっさと寝ることにしよう。ディンゴの夜襲に怯えながら...
現地レポート

水をタダで貰おうとは図々しいにもほどがある!

こんにちは。からあげです。 ナラボー平原横断二日目の今日は、Penong過ぎの道路脇からのスタートとなる。テントを張るときには鬱陶しかったハエはどこかに消え去った。蚊はほとんどおらず涼しいため、夜の方が快適に過ごせる。 朝焼けの...
現地レポート

いよいよ始まる!!ナラボー平原の横断

こんにちは。からあげです。 本日、Cedunaを出発してナラボー平原(Nullarbor Plain)の横断が始まった。 ナラボー平原は、東のCedunaから西のNorsemanまでのおよそ1,200km。現在の予定では2週間程...
現地レポート

追い風に恵まれないおっさん

こんにちは。からあげです。 今日は野宿場所を探すのに手間取って、妙に疲れてしまった。 夕方になると、蚊の大群に囲まれて、テントから出るに出れなくなってしまい、夕食の準備もできない状況だ。 農場入り口の道路脇での野宿はやはり落ち...
現地レポート

遅すぎた追い風

こんにちは。からあげです。 今日はいいもん見たし、しっかり漕いで疲れたので手短に終わらせて寝ることにしよう。 すぐ近くのJumping pillowsのファンが一晩中回り続けていたのが気になった。道路からは大型車の爆音が聞こえて...
現地レポート

アウターで踏んで行け

こんにちは。からあげです。 Kimbaのスーパーマーケットが日曜定休だったため、日曜日の昨日は休養日とした。公園の東屋の中でテントを張りっぱなしにして、自転車の整備をしたものの、かなりゆっくりできた。Adelaideでは朝になるとテン...
現地レポート

Kimbaでゆっくり過ごす

こんにちは。からあげです。 現在、Eyre半島ショートカットルートの途中にあるKimbaという田舎町で滞在中。町のスーパーマーケットが日曜定休で休みのため、町の公園の東屋でテントを張ってのんびりしている。 根っからの働き者のため、こ...
現地レポート

常に逆風の人生

こんにちは。からあげです。 昨晩は雲ひとつない星空が広がり、朝になるとかなり冷え込んだ。長袖のシャツの上から防寒着のフリースを着ていても寒さを感じるほどだった。出国時に着用していたしまむらのパッチはまだウエスにせず持っているのだが、処...
現地レポート

忙しない日常

こんにちは。からあげです。 昨晩は人生初の駅での野宿だったが、予想通り安眠できず。 電車が来ない駅でも、広い屋根があると何かと人が集まってくる。隣のジムに通う人、近所の少年、そこら辺をほっつき歩いているアボリジニー達。深夜でも貨物列...