固く締まった自転車のペダルを外す

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

2018年年明け早々乗り始めたスポーツ自転車だが、自分がこれほどまでにのめり込むとは思いもしなかった!明けても暮れても自転車のことを考えている。凝り性な私は一度やりだすと、他のことは放っておいて馬鹿みたいにのめり込んでしまう。以前はランニングに凝っていた。

会社勤めを辞めてフリーとなった今現在は、歯止めが効かなくなっていて、暴走気味のおっさんとなっている。通常の一般人であれば、社会生活が送れなくなってしまうので、少しは自重するようになるのだが、ブロガーである私はのめり込んだ方が、突出して注目度が高まり仕事がしやすくなる。

毎日玄米と味噌汁でも全く飽きないし、毎日風呂に入らなくても全然気にならない。あれ?お風呂は違うな。

 

余計なことはさておき、今日も自転車ネタだ!

ペダルが固く締まった理由

2,018年夏、海外ツーリングを前に自転車に慣れておこうと思って、約4ヶ月間北海道から東北をツーリングした。
自転車はPanasonic OJC4というランドナー。荷物をたくさん積める丈夫なクロモリのフレームで、キャリア取り付け用のダボ穴が装備されている。ツーリングに出かけて始めのうちは良かったのだが、次第に各部パーツが消耗してきてガタが出てきた。
走行距離が7,000kmを越えてからは、クランク周りからカチカチという異音が聞こえるようになった。始めのうちは気にしないようにしていたのだが、次第に音が大きくなってきて、我慢出来なくなっていった。自分で各部を点検してみたのだが、分からなかったので、大きな町の自転車屋さんで緩みがないか点検してもらったのだった。

点検の際、ペダルに緩みがないかも当たってくれたのだが、大きなペダルレンチで腰を入れてグイッと締め込まれてしまった。その結果、異音は解消されたのだが、ペダルが外せないようになってしまった!

通りすがりの自転車旅行者の自転車なんて誰も見たくはない。それなのに、親切にキッチリみて頂いたのだ。自転車屋さんは悪くない。今回はいい経験ができて良かったのだ!

 

スパナでペダルを外してみる

固く締まったペダル

外したい時に固着して外れないママチャリのペダル。よくあることだ。

今回、ガッチリ締まっているペダルは、MKS RMXというペダル。
日本国内の三ヶ島製作所(MKS)が製造している高品質なものだ。
純正ペダル(MKS TOURING-LITE Short)だと足裏が痛くなることがあるし、靴底が傷んできたこともあったので、より面積が広くて踏みやすいRMXに交換した。

これまで4サイドバッグのフル装備で4,000km以上走ったが、値段の割に非常に漕ぎやすかった。トレランシューズで漕いでいたが、雨天でも踏み外しはなし。泥濘んだ道で足を着いて靴底が汚れた時に、多少滑る程度だった。ライトなツーリングから街乗りだったら、これで十分だろう。ママチャリに付けたら、安物のプラペダルとのあまりの違いに驚くこと間違いなし。

 

ホームセンターの安物の工具で作業する

自転車のペダルを外すには15mmのレンチが必要。シャフトに六角穴があれば、6mmの六角レンチでも外すことができる。より大きな力を加えたい時は、ネジ山を傷めにくい15mmのレンチを使用する。

専用のペダルレンチがあればいいのだが、スポーツ自転車に乗り始めたばかりの私はまだペダルレンチは持っていない。そこで手持ちの15mmのコンビネーションレンチを使うことにした。

6本組600円程度のホームセンターで売られていた安物のレンチセット。

あらかじめネジ山に潤滑防錆効果のあるCRCを吹きかけて緩めようとしたのだが、全くビクともせず。それでレンチに鉄製の角パイプを継ぎ足して緩めようとした。

作業は失敗。レンチを傷める。

ジワリジワリと力を掛けて行くと、ヌルっという感触とともにレンチが外れてしまった。
始めは緩んだのか?と思ったのだが、イマイチ感触が悪かった。

どれどれとスパナを口を見てみると、やってもうた!

スパナの口が広がってしまっていた。

スパナの口のアップ

ホームセンターの安物の工具ではダメだった!
道具には適材適所があって、今回の作業は明らかに無理があった。
通常のあまり力の掛からないネジを締めたり緩めたりするには十分だが、キツく締まったネジを緩めには強度が全然足りなかった。

 

専用工具「ペダルレンチ」で作業する

購入したペダルレンチの詳細

PWT ハイトルク ペダルレンチ PW01S-163

ガッチリ締められたペダルの取り外しに失敗した私は、すぐさまネットを検索して専用のペダルレンチを買うことにした。いつもお世話になっているAmazon.jpを覗いてみると、良さそうなものを発見した!レビューを見ると、高評価が並んでいる。これを買えば間違いない。そう確信した私はポチッとクリックしてペダルレンチを購入したのだった!

購入したのは、PWT ハイトルク ペダルレンチ PW01S-163。台湾の工具メーカーPWT社が製造販売しているもの。しっかりした作りで非常に求めやすい価格になっている。

 

上位機種には、10度のオフセットが付いたレンチがあるが、肉厚が少し薄めの4.5mmだったので、少し厚めの5mmのこちらを選んだ。

レンチのヘッドは15mmの口が2つと、15mmのメガネ穴が空いている。
ペダルを外す際は、口の方を使用する。
手で触ってみると、非常に重厚感があって丈夫なことが分かる。

レンチの長さをメジャーで測ってみる。

メーカー公称値の通り、約35cm。
PWPは長さが最大クラスのレンチだ。力が掛かる部分のレンチは長ければ長いほど良い。(限度はあるが)

これでもダメな時は、プロ用のPWT プロフェッショナル ペダルレンチ PW-Lを使えばいい。
プロ用だけあって値段が高いが、長さが47cmもある。まあ、プロ用を買う前に柄に鉄パイプを掛けて延長してやってみるのもいいだろう。

ノギスでヘッド部分の厚みを測ってみた。

約5.2mmの厚さだ。

レンチの柄は真っ直ぐ。扱いやすいようにゴムのグリップが付いている。
柄の部分は中空。

重さを量ってみると、363g。メーカー公称値の347gより若干重たくなっている。

これだけ重たくて大きいと、ツーリングには持って行けない。自宅かトランポの車で使う工具となる。

 

ペダルレンチを使用した実際の作業

今度は専用のペダルレンチで固く締まったペダルを外してみる。
さて、今回はどうかな?

ネジ山部分にはあらかじめ防錆潤滑剤のCRCを吹いておく。
5分ほど待って、ネジ山の内部にしっかりと浸透させる。

クランクの内側から見たようす

こちらの方から重点的にCRCを噴射する。

ペダル外しの作業では大きな力が掛かるので、革手袋を着用した方がいい。
力を掛けている時に工具が外れたり、急にネジが緩んだりして、どこかに手をぶつけることがある。

以前、エンジニアとして船に乗っていた私だが、横着して手袋なしで作業していて手をぶつけて非常に痛い思いをしたことがある。打撲で済めばまだいいが、時には骨折することもある。

ホームセンターで300円も出せば、革手袋が買える。大事に使えば確実に数年は持つ。始めはライディング用として使い、傷んできたら作業用にしたらいい。写真の革手はかれこれ10年近く使っているもの。油が染み込み手に馴染んでいる。

では実際にペダルを緩める作業に入る。
クランクアームの先にネジ穴が空いていて、ペダルのネジ山の付いたシャフトをねじ込むようになっている。この六角部分にペダルレンチを掛けて緩める。
工具が滑らないように、あらかじめウエスで油分をしっかり拭いておく。

ペダルレンチを掛けたところ。肉厚5mmのレンチでもクリアランスは十分ある。

角度を変えてもう一枚。

ペダル外しの正しいやり方は知らないが、自分なりに工具の位置や体勢をあれこれ変えてやってみた。

すると、だいたいこんな感じになった。右足を外す方のペダルに乗せてペダルを固定し、左手でサドルを持って自転車を保持し、右手でペダルレンチを上から押さえつける。左足一本で立ち作業を行うので、ある程度のバランス感覚が必要だが、普段自転車に乗っている人なら大丈夫だろう。無理なら、誰かにペダルを抑えてもらおう。靴は無防備なサンダルではなしに、できれば安全靴を履いた方がいい。

ペダルを緩める方向は、右は左回し、左は右回しと左は逆ネジになっているので注意が必要だ。
大きなペダルレンチで逆の方向に回してしまうと、ネジ山を傷めてしまいかねない。

左のペダルを緩める際も、同じく右足をペダルに乗せて、左手でサドルを持ち、右手でペダルレンチを押すようにして緩めた。

ジワリジワリとレンチに力を掛けてみたが緩まなかったので、腰を入れてグイグイと押すようにすると、緩んでくれた!

ようやくペダルが外れてくれた!

一時は自転車屋さんに持っていって外して貰おうと考えていた。
ダメ元でAmazonで専用のペダルレンチを購入してみたら、上手く行った!
ペダルレンチがあれば、多少キツく締まっていても問題なし。

 

ネジ山にシールテープを巻いて軽く締め付ける

ただ、このままペダルレンチでしっかり締めてしまうと、輪行する際に六角レンチで緩めることが出来なくなる。そこで、今回はネジ山にシールテープを巻いて取り付けてみることにした。
通常は錆びて固着しないように、ネジ山にグリスを塗るのだが、締め付けが弱いとカチカチ音がすることもある。

シールテープは水道配管に使われるもので、ネジ山の隙間を埋めて水漏れを防ぐ効果がある。シールテープを巻く方法は今回が初めてで効果は未確認。よって今後、検証してゆくことになる。

シールテープを巻く時は、締め込む時に緩まない方向で巻く。だいたい2回転巻いた。
隙間によってテープの巻き数を変える。
右ペダルの場合は、ネジ山に向かって右方向に巻いてゆく。切り端が右側に出るようにしておく。
これはテープを巻く際の基本事項。

締める途中で緩めた場合は、テープを巻き直す。一旦締めたものを緩めると、テープが外れる。

シールテープを巻いて取り付けたペダル

隙間からシールテープがはみ出ている。まあ、こんなものでよい。

角度を変えてもう一枚。

うむ、我ながらいい仕事をした気がするぞ!満足満足。

六角レンチでペダル取り付け後、自転車に乗ってみたが、特に違和感はなく異音もなかった。
このまましばらく乗ってみて異音がなければ、軽く外れるかどうか一度確かめてみる予定。多分、シールテープを巻いての取り付け方法で良い気がする。

しばらくした後に結果をアップするとしよう!

まとめ

今回、ガッチリ締め込まれた固いペダルを外してみたが、やはり専用のペダルレンチは必要だと思った。スパナでもできないことはないが、しっかり締め付けようと思ったら、ペダルレンチが必要。こうして写真で見比べてみると違いは歴然。使用したスパナはペダルレンチの半分ほどの長さしかなく、作りがまるで違う。

1本ペダルレンチがあれば、ママチャリからスポーツ自転車までと幅広く使用できる。
特に乗りっぱなしでまともに整備がされていないママチャリの場合は、錆びて固着していることが多く、普通のレンチではまず外れない。こういう時にCRCを吹きかけてからペダルレンチを使えば、簡単に外すことができるようになる。もうこれで自転車屋さんに助けを求めなくても済む。

何度か使えば簡単に元は取れるので、この際ペダルレンチを買っておこう。家族の自転車を整備してあげれば、家庭内での居心地がいっそう良くなるだろう。
自転車の置き場所にも困らなくなる。

 

 

おわり

コメント