クランクのペダル取り付けのネジ穴を傷めて大ピンチ!!

こんにちは。からあげです。

 

昨晩、夜半から降り始めた雨は次第に大雨となってきたが、とっておきの橋の下で難なく過ごすことができた。あの程度の雨ならなんともない!正直、少し物足りないくらいだった。

オーストラリアCairnsから7時間ちょっとのフライトによる、体へのダメージはほとんどなし。成田空港到着当日は、空港に泊まり体調万全。おっさんでもまだまだイケる!

今日は朝まで大雨が降っていたので、遅めの7時に起床して活動を開始する。横から吹き込んだ雨は自転車が防いでくれたお陰で安眠することができた。寝袋の周囲だけウッドデッキが乾いている。ひょっとしておっさんの体温で乾いただけ?

朝食は昨日スーパーで購入した菓子パン。
もぐもぐごっくん。なかなか美味い。久しぶりに食べる日本の味。

荷物をまとめて出発する。雨がまだ降っているというのに、ジョギングしている人がいる。(自分もそうだった。)ヨシ、そろそろ出発しよう。

今日は午後からお世話になっている自転車屋さんに伺う予定。東京の外れの方にあるので、余裕を持って行きたい。

バッテン状の立体交差部。片方が電車でもう片方は高速道路っぽい。自転車は高速道路を走れないから全く興味なし。一般道の交通量が減るということで役には立っているが。

おっさんは大都会の東京には3日しか居られないという性質のため、やることをやってさっさと出て行かねばならない。今日は東京2日目。残り一日だ。

皇居周辺の歩道を走る。ジョギングしている人は少なめ。

えっ?東京では自転車は赤信号で止まらないの?おっさんビックリ。

今日は土曜日。なのに新宿周辺には朝から人がたくさん歩いている。こんなにたくさんの人間を見るのは久しぶり。朝帰り風の人でもないし。

おっさんは何を思ったのか、新宿周辺を散策してみることにした。うむ、これは車止めの杭か?自転車にとって微妙に邪魔。

歌舞伎町周辺の道路にはあちこちでゴミが散乱している。そのゴミにカラスが集っている。飲み足りない酔っぱらい共がコンビニでビールとつまみを買って路上で飲み食いし、そのまま放置していったのだろう。

付近ではボランティアらしき人がごみ拾いしていた。こんなの放っておいてゴミ溜めにしておけばいいのに。だから、そうさせないために、地元の人がキレイに掃除しているのだ!

ゴミ出しが悪くてカラスに荒されて周囲に散乱している。ゴミを出した人間の知能はカラス以下と思われる。鳥は視覚でエサを見つけるので、袋の中身は見えないようにしておく必要がある。

新宿の高層ビル群は雲で霞んでいる。見上げると首が痛くなるほど高いビル。

ウロウロして気がついたのは、ホームレスの姿をあまり見かけないこと。高架下で朝から日本酒を飲んでいる3人を見かけただけだった。ホームレスがいなくなるほど日本の景気は良くないと思うのだが。

裏返った傘が歩道のあちこちに捨てられていた。あんな大雨でも飲み歩いているからこうなる。

青梅街道を走行中、右ペダルに違和感を感じるようになった。
なんだか力を入れる度にぐにゃぐにゃする。追い風に乗って調子良く走っているところだったが、違和感が次第に大きくなってきて無視できなくなった。

歩道に入って自転車を点検する。

これが問題の右ペダル。手で弾くとクルクル回って違和感はなし。あれ〜?何がおかしんだろう。ペダルの取り付けが緩んでしまったのかな?そう思って増し締めしようとすると、なんだか手応えがおかしい。額から冷や汗が出る。

ペダルを外してみると、ねじ山に金属カスが付着していた。
嫌な予感が当たったようだ。クランクのネジ穴を覗いてみると、あまりの惨状にめまいがした。

ネジ山をやってもうた!

六角レンチでもペダルが外れるようにと、オーストラリアに着くとペダルのネジ山にシールテープを巻いて取り付けたのだった。途中、ペダルのベアリングが不調になって、Darwinで新しいペダルを購入して取り付けたときも同様にシールテープを巻いて取り付けた。

そして、昨日成田空港で自転車を組み立てた時もシールテープを巻いていた。ネジ山のようすを見る限り、成田空港から100km程度の走行でこれだけ傷むのはあり得ない。オーストラリア走行中から傷みが進行していたと思われる。帰国の際の取り外しと取り付けでトドメを刺されたのだろう。

ネジ山にシールテープを巻いて取り付けるとき、ネジ山の噛み合わせが悪くて負担が掛かっているのは分かっていた。ただ、これほど傷んでしまうとは思いもしなかった。

ペダル側は鉄、クランク側はアルミなので、弱いクランク側が傷んでしまうのは当然だった。またもやいらんことをして自転車を壊してしまった!

約束の時間に間に合うように、なんとしても自転車を走らせないとイケないが、ペダルがグラグラのまま走ってゆくと、いつ外れるかもしれず危険、しかも完全にねじ山がイカれてしまうことだろう。(すでに修復不能なほどイカれていた)

そこでペダルを取り外して、キックスケーターのように乗ってみた。しばらくは良かったものの、足がやけに疲れる。荷物満載の自転車を片足で蹴って進むのは相当体力を消耗する。

今度はロープの輪っかに足を通しクランクを回すことにした。左ペダルが上の時だけでも踏めれば、それなりのスピードが出るはず、と思いやってみたものの、数回転しただけでロープが締まりクランクを回せなくなってしまった。馬鹿野郎当たり前じゃねーか!

再びキックスケーター乗りをして歩道を走っていたのだが、左ペダルに全体重が掛かってペダルに悪い気がする。

今度は右ペダルがないまま自転車に乗ってみることにした。左ペダルが下がった時に、右クランクを上手いこと足で回して左ペダルを上に持ってくる感じ。徐々に慣れていき、時速10kmくらいで走れるようになった。

まともに走れるようになって、これで時間に遅れないで済むと思ってホッとしたのだった。いつも自由気ままに生活していると、約束の時間を守るにはかなりの気合が必要だ。遅れないように早めに近くまで行こうとしたのに、途中でクランクのネジ山が駄目になってしまった。ふぅ〜、良かった良かった。

片ペダルで必死に漕いでなんとか約束の時間前に近くのスーパーまでやって来ることができた。普通にペダルを漕ぐよりかなり疲れた。途中で牛丼を食べたのに、もう小腹が空いてしまった。ヨシ、パンでも食べて行くか。

スーパーのベンチには禁煙と書かれた貼り紙があった。
向かいのベンチでは昼間から爺さんがワンカップの酒を飲んでいた。確かに禁酒とは書かれていない。お店ルールには違反していない。

しかし、なぜこんなところで酒を飲むのだろう?散歩の途中で飲むのは普通ビールだろう。なぜに、ワンカップ?

おそらく爺さんは長生きし過ぎて、生きていくのに疲れてしまったのだろう。私も以前昼間から缶チューハイを飲んでいたからよく分かる。自転車でプラプラ漕いで行って海の見えるベンチでフライドポテトをつまみにして缶チューハイを飲んでいた。生きてゆくのが辛くて辛くて飲まずにはいられなかった。

ようやく目的地に到着!ここは東京都の外れの方にある武蔵村山市の団地。令和の時代に変わってもなぜか昭和の濃厚な香りがする味のある団地。ここに自転車見聞店というSurly(サーリー)専門の自転車屋さんがある。

オーストラリアツーリングで使用したディスクトラッカーはこのお店で購入したものだ。サーリーオタクの店主はもと世界一周サイクリストで、海外ロングツーリングにも力を入れている。

今回はツーリング中にいろいろアドバイスを頂いたお礼と旅の報告を兼ねてお店にお邪魔することにしたのだ。

時間通りに自転車屋さんに着いて、店主といろいろ話しているうちにあっという間に夜になってしまった!

時計が8時を過ぎたころ、クランクのペダル取り付けのネジ穴のことを思い出し、店主に見てもらう。できればネジ穴を修正して、愛知県までなんとか自走できるようにしたい。だが、私の期待は脆くも崩れ去る。この酷い状態では修正も厳しいとのことだった。

しかし、神はおっさんを見放してはいなかった!なんと、偶然にも同じAlivioのクランクセットが在庫であったのだ!なんという幸運だろう。最悪、東京で数日間の足止めを食らうことは覚悟していた。

クランクの交換は自分で行うことにした。私はお願いするつもりでいたのだが、店主が「工賃節約になりますから、自分でやってはどうですか?」と言って頂いたためだ。店主の厳しいチェックのもと作業を慎重に行ってゆく。

私がクランクを外したところで店主がBBをチェックする。「ちょっと擦っている手応えがあるので、そろそろ交換した方がいいかもしれません。」という有り難いアドバイスを頂く。私は読者からのアドバイスは全く受け付けないが、プロのアドバイスはすんなり受け入れる。なんて身勝手なおっさんだ!

BB交換時期に来ているようだが、まだ多少は走れるということなので、ようすを見て自分で交換することにしよう。オーストラリアを13,000km走ってようやく自分で作業するチャンスがやって来た!自分でやってレベルアップしよう。

店主のご好意でお店に泊まらせて頂けることになったので、外に弁当を買いに行った。ほか弁屋でご飯大盛りののり弁を買ってきた。

こんな遅い時間になっても、簡単に弁当を食べられる日本は本当に便利だとつくづく思う。

弁当を食べると、急に睡魔に襲われた。
床にシートとマットを敷いて横になる。お店は幹線道路から離れていて非常に静か。久しぶりの静かな一夜を過ごした。

走行データ
東京都内移動
 
走行距離46km、走行時間4h
 
自転車整備 クランクペダル取り付けネジ穴破損、クランクセット交換(Alivio 9速)、フロントブレーキキャリパー位置調整、ブレーキパッド隙間調整
 
ねぐら 自転車屋さん
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険