軽量コンパクトな使える携帯用ペダルレンチを作る~その2~

こんばんは。からあげです。

 

昨日、既製品のものを改造して携帯用ペダルレンチを作った。作った直後は満足していたのだが、時間が経つにつれて気分が悪くなってきた。

当分の間、柄の長いままで使おうと思っていた。その方が無難だからだ。しかし、自分の奥底に眠る深層意識が語り掛けてくる。本当にそれでいいのかと。

6年前にサラリーマンを辞めてフリーになったのは、真の自分の人生を歩んで行こうと決意したからではないのか?それがどうだ。最近は何でも手堅く行こうとする。そんなに失敗を恐れるのなら、元の生活に戻ればいい。そんなつまらない考えだったから、オーストラリアツーリングを楽しめなかったのだ!

つまらん!自分はなんてつまらないんだ!!物をいじり壊すことを恐れず、自分のやりたいようにやろう。もっと柄を詰めるのだ!

よし、やろう。やってやろう。

 

作業台に卓上グラインダーをセットする。ヨシ、防護メガネと革手袋を付けて作業の用意は整った。

もっと柄を短く!ということで内径21mmのシートポストに合うようにヘッドの根元まで幅を3mm削ってゆく。削りすぎないように油性マジックで印を付けておく。

鋼鉄製のレンチはやけに硬く、かなりの時間を要してしまった。作業中集中していたので、写真は全く撮らず。気がついたら終わっていた。最後のあたりではシートポストに頻繁に挿しながらスムーズに抜き差しできるように微調整していった。作業中に周囲が暗くなってきたので、ヘッドランプで照らしながら作業をした。

グラインダーで削ってヘッドの根元までシートポストが入るようになった。
あとはマジックで印を付けたところでカットする。ダイヤモンド刃を付けたディスクサンダーで切ったあと、切り口をグラインダーで滑らかに削る。

短く切り詰めたレンチをOJC4とディスクトラッカーのシートポストに挿してみる。
どちらも内径21mm。ジャストフィット。おっさん思わずニンマリ。

ガタはほとんどないにも関わらず、抜き差しはスムーズ。我ながらいい仕事をしたもんだ。

おっとイケない!また自画自賛をしてしまったぞ。

角度を変えてもう一枚。うむ、いい感じではないか!

作業は最後まで手を抜かない。
鉄鋼ヤスリで最後の仕上げを行う。おっさんの気が済むまで何度も行った。

時間ならいくらでもある。おっさんにとことん付き合おうではないか!

逆さまにしてもレンチが抜けない。「おっさん匠の技」などと脳内で言いながら、一人いつまでもニヤニヤする。

柄が短くてレンチ単体ではしっかり締め付けられなくなってしまったので、締める時はシートポストの真ん中あたりを持つことにする。緩める時は端の方を持つ。それでもダメなら、おっさんのバカ力で緩めればいい。肉厚4mmのレンチだ。簡単に曲がりはしない。

お待ちかねの計測タイム!

なんと94gとなったぞ!!120gから26gの軽量化に成功した。携帯工具と言うからには100g以内に収めたかった。それが叶ってくれた。いえい!!

長さは約12cm。カット前の16cmから4cm短くなってよりコンパクトになった。

角は滑らかで指でなぞっても引っかかりはなし。

ヨシ、軽量コンパクトな携帯用ペダルレンチの完成だ!!

久しぶりに会心の作業が出来たな。あのまま満足していたら、こんな楽しい気分にならなかっただろう。

厳選された携帯工具の仲間入り!

おっす、おらペダルレンチ改。よろしくな!!

おお、早くも仲良くしているではないか。コイツらがあれば、かなりの作業をすることができる。まず自走不能に陥ることはないだろう。

携帯工具入れのタッパに入れてみると、なんとジャストフィット!おいおい、凄いじゃねーかよ。

厚さ4mmだから全然嵩張ることはない。いつものように入れるだけ。あとでペダルレンチ専用の保護袋でも作っておくかな。

携帯用のペダルレンチはこれにて終了!

このレンチがあれば、好きな時にペダルを外すことができるぞ!

ふぅ~いい仕事したな。

 

おわり

自作
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険