ペットボトルでサングラスのケースを自作する

こんにちは。からあげです。

 

自転車に乗っているとメガネを掛けていても横から風を巻き込んで目が乾燥してくるので、サングラスをするようになってしばらく経つ。

困ったのは、自転車を降りた時にサングラスの収納場所がないことだ。使わない時は、ズラして頭に付けておくか、胸ポケットに入れておくのだが、サングラスのことをすっかり忘れてそのままヘルメットを被ろうとしたり、横になって寝ようとしたりしてしまう。その都度、安全な場所に移すのだが、そのうち壊してしまいかねない。

眼鏡の上から掛けられるサングラスでオーバーグラスを言われるタイプ。

ついうっかりしてクリップオンタイプのサングラスを2回も壊したことがある。
オーバーグラスに比べて強度がないので壊れやすい。強い風が吹くと勝手に開いたり閉じたりすることもあり、自転車にはクリップオンタイプは向かない。

 

100均の片栗粉入れの容器

 

ということで、サングラスを入れるハードタイプのケースを探していた。

既製品は高いし、無駄に重たくて嵩張るので、とりあえず100均に行ってみる。店内で実際にサングラスを合わせてピッタリな容器を買ってきた。これは片栗粉を入れる細長い蓋付きの容器。なぜか片栗粉は細長い袋に入っている。なぜなんだろう?

ネットで調べてみると、粒子が細かくて湿気やすいためだとか、機械で袋に入れる際に周囲に飛び散りやすいためだとか、嘘か本当かどうか分からない理由がいくつか出てくる。果たして真実はどうなのか?考えすぎると夜も寝られなくなるので、この辺でやめにしておこう。

容器のフタは開けやすいように、花びらのような出っ張りがいくつもある。
カバンに入れている時に引っかかってフタが開いてしまわないよう、そして軽量化のために出っ張りを切ることにする。

カッターナイフで切ってスッキリしたところ。

さっそく容器に入れてみる。このサングラス用に作られたのではないかと思うほどピタリと合っている。

付属のソフトケースに入れてから再度入れてみた。

いつもならこれで満足するのだが、今回はあまり気分がよくない。それは容器が重たいこと。
正確な数値は忘れてしまったが、確か50g以上はあったように覚えている。

 

ペットボトルでケースを作る

100均がダメなら自作すればいい。ペットボトルでサングラスのケースを作るのは登山者やハイカーの中では定番。タダ同然で手に入る素材で軽量なサングラスケースを作ることができる。

ペットボトルには丸形と角型の2種類あるが、切ってもある程度の強度がある角型を2本使用する。容量は500ml。片方を長めにしてケース本体、もう片方を短くしてフタにする。

作業時間はたったの3分。始めは大きめに切ってから、少しずつ切ってピタリと合うようにする。

完成したサングラスケースは33g。かなり満足な仕上がり。

切り口のようす

ポイントは本体の方を太い部分で切り、フタの方を狭いくびれの部分で切る。
(ペットボトルの形状によって異なる。)

フタの切り口

すると、フタの方が本体の内側に入るようになる。
真ん中で2つに合わせるより、本体側を大きくした方が強度が高くなると思ったからだ。

オーストラリア出発前にサングラスと眼鏡を組み合わせているところ。
実際に中に入れていたものはサングラスと予備メガネのみ。

サングラスと予備メガネを一緒にケースに入れる時は、サングラスの内側に入れていた。
オーバーグラスだと空間ができる。

 

半年間使用したケース

実際に半年間使ったサングラスケース

中に入れていたもの一式。ケースの底に使用頻度の少ない虫よけネットを入れてクッション代わりにしていた。見た目は良くないが、ハードケースとしての機能は十分だった。

しっかりフタを閉めておけば、軽く落としたり踏んづけたりしただけでは壊れやしない。

ケースには多少の擦り傷以外の傷みはなし。

普通のサングラスだと大き過ぎるが、眼鏡の上から掛けられるオーバーグラスだとちょうどいい。サングラスのほかに、携帯用工具や予備パーツを入れるツールボックスとしても使用できるだろう。

このサングラスケースのアイデアを元にガソリンストーブ(MSR ウィスパーライトインターナショナル)のケースを作ってみた。使い心地は良好で今も現役で使っている。

 

おわり