ダイナモライト(マグボーイ オートヘッドライト(MLI-1AL型 2.4W)の断線修理

こんにちは。からあげです。

 

フロントライトの故障

2020年西日本ツーリングの出発前に取り付けたハブダイナモ用のフロントライト。
とても安価なのに非常に明るくて気に入っていたが、危惧していたことが現実に起きてしまった。それは断線などの接触不良によるライトの消灯。

初めて接触不良に気がついたのは、2020年夏の上高地出発の朝。
バスターミナルまで自転車を押して歩いていると、ライトが点いたり消えたりしているのに気がついた。

ハブダイナモは歩く速さだと発電量が少なくなるためチラチラ点滅するが、今回の場合は明らかにおかしい。注意深く観察していると、長時間消灯することもある。これは断線か。そう思った私は軒下を借りてライトを分解してみることにした。

これがお気に入りの丸善電機産業のフロントライト。
マグボーイ オートヘッドライト(MLI-1AL型)2.4W。

2,000円もしない安さなのに、しっかりと自車の存在をアピールし夜道を明るく照らしてくれる頼もしいヤツ。「もうこのライトなしには生きて行けない。」そう思わせてくれる。

分解するときに気がついたことは、電線の付け根の焦げた跡。

ライトには安い1線式タイプと少し高い2線式タイプがあるが、安い方の1線式タイプを購入して、自分で電線を1本付け足して取り付けていた。

焦げた原因は不明。大雨のなか走ったときに雨水が侵入してショートしたのか。

ハブダイナモに付属していた過電圧保護装置(Shimano SM-DH10)取り付けているので、過電圧が原因とは思えない。現在のところも原因不明のままだが、特に問題は起きていない。

 

フタを開けて中の基板を点検してみたところ、このとき異常は発見できず。
仮に問題箇所を発見したとしても、出先では修理できなかった。

とりあえず元通りに組み立てて、ライト本体をテープでぐるぐる巻きにした。すると断線の症状は出なくなった。

暗い電池式ライトでトンネルが連続する区間を走るのは嫌だったので助かった。一時的ではあったが、家にたどり着くまで断線の症状が出なかった。

フロントライトはその後も正常に点灯し続けてくれていたが、出先で駐輪したときハンドルがブレた拍子に壁に当たって透明のレンズカバーが取れてしまった。

取れたレンズカバーは透明テープで貼り付けて修理してホッとしたのも束の間、夜道を走行中に断線の症状が再発した。

自転車生活をしていると、避けて通れないのが夜間走行。秋の深まりとともに日没の時間が早まり、夜間走行することが多くなった。段差を乗り越える衝撃で点いたり消えたりするライトは危なっかしくて使えない。
早速、ライトを分解して修理することにした。

フロントライトの断線修理

取り付けから故障まで
約9ヶ月経過

走行距離 約6,000km

故障したライトの外観

断線の症状が出たフロントライト

安価な1線式タイプに自分で電線を1本増設し、途中にギボシ端子を付けて簡単に着脱できるようにしている。
私が増設した線は黒色で既存の線が灰色。

ライト取り付けステー付け根の凹みにグルースティックを流し込み、取り付けビスの緩み止めと防水処理している。

レンズカバーには壁に当たったときの擦り傷が残っている。

破損したレンズカバー取付部

小さなプラスビスにより固定されていたが、壁に当たった衝撃でビス取付部の出っ張り部分が折れてしまっている。

それで今はレンズカバー全周に透明テープを貼り付けて固定している。

初めての断線の症状が出てから、既存の灰色の電線1本をビニールテープで留めていた。
テープを貼るまではこの灰色の線がグラグラと動いていた。

増設した黒い線の付け根に焼け焦げた跡あり。

流し込んだグルースティックを取り外すのに、熱したはんだごてを当ててカッターナイフで少しずつ切っていった。思いのほか密着していて取り外すのに手間取った。

取り外したグルースティックの塊

フレームの使わないダボ穴や凹みにはグルースティックが有効。サビや汚れ防止になる。

 

ライトの分解

ライト本体を分解したところ。
電子基板の上に反射板が固定され、さらにレンズカバーがついている。(レンズカバーの取り外しは可。)

反射板をとって基板のみにした。

基板中央には1W LEDがビス留めされている。

ライトの最も大事なところ。基板のはんだ付けの状態をしっかりと確認するために、ビスを外しておく。もっとも疑わしいのははんだの剥がれ。

基板上に見える大きな円筒形の物体はコンデンサ。正弦波の交流を平滑化させる役目。
その右側はヒートシンク付きのダイオードあり。交流電気を直流に変換する電子部品。
ほかに6Vを5Vに減圧するレギュレーターがどこかにあるはずだが、分からなかった。

ここ最近、近くを見るときにピントが合わないようになってきた。以前から近くが見づらくなっていたが、次第に症状が進み今ではメガネを外して見る始末。老いを認めたくないが、認めざるを得なくなった。

拡大鏡を手にして基板の各部を点検してゆく。

はんだ付け不良箇所の発見

すると、はんだ付けの不良箇所を発見した。

電子工作素人の私が見ても、明らかにはんだの量が少ないのが分かった。ほかは外観上に問題なし。
外観に異常が見当たらなかったらお手上げだった。

以前、ハブダイナモ出力電源のUSB充電器を自作して見事に失敗した私だが、めげずにはんだ付け修理に挑戦してみる。

何事も経験だ。失敗を恐れると何もできなくなる。
何でもいいからまずはやってみる。失敗したとしてもコツが分かる。

 

修理に使用したはんだごては、工具箱の中でおよそ20年の長い眠りについていたもの。
前回、USB充電器を作ったときに久しぶりに使った。

出力は控えめの23W、コテ先が細くて電子工作向けのものとなっている。

 

はんだは極細。物置の奥深くから発掘した品。

細いコテ先と極細のはんだがあれば、小さい電子部品取り付けの作業はたやすい。
だが、肝心の目のピントが合わない。近いうちに老眼鏡を作らねばならん。

はんだ付け修理後のようす

はんだをたっぷり増量したようす

はんだの乗りが悪くて少々手こずった。フラックスで前処理しておいた方が良かったと後になって思う。

反対側にもはんだを盛っておいた。こちらははんだ付けされていなかった。
こちらは振動対策。少々不細工だが、気にしないことにする。

組み立てから点灯テスト

修理箇所を遠目でチェックする。
これくらい離さないとピントが合わない。カメラではなくおっさんの目が。

元通りにLED基板と反射板を取り付けて、レンズカバーを被せたところ。

レンズカバーをとって、ライトのケース内に反射板と電子基板を入れた。
基板と電線にできるだけ余計な力が掛からない位置を回しながら探る。

位置が決まったところで、透明テープでレンズカバーを固定する。

あとは同じように本体下部から出ている灰色の電線を固定しておく。

下の電線を出す2個の穴。グルースティックで塞いでおこうかと思ったが、完全に塞ぐと中に湿気が溜まりやすくなるかもしれないので止めておいた。

配線を繋げて前輪を回転させると、まばゆい光を放ってくれた。
修理はOK。

テストが終わったところで、元通りにライトをフロントキャリアに固定する。

振動対策のために古チューブで作ったゴムワッシャーをかませてある。
クランプでガッチリ固定させつつも、適度な柔軟性があり手動による角度調節が可能。

郊外では上向き、市街地では下向きに調節する。

電線はキャリアに沿って留めておく。結束バンドだとつけ外しする度に付け替えることになるので、もったいない。ロープを使ってゆるく留める。確かジャージズボンの紐だったか。

しっかりと配線処理をしたあとで、再びライトの点灯テストを行う。
結果は良好。

その後、かなりの距離を夜間走行をしているが、段差によるチラツキは全くなし。断線の症状が完全になくなった。良かった良かった。

 

ダイナモライト断線修理まとめ

今回のフロントライトの断線の件で、電池切れの心配のないダイナモライトでも、ロングツーリングには予備の電池式ライトが必須装備だということがよく分かった。いくら電池交換不要のダイナモライトでも、断線すればおわり。

ライトは夜間走行だけでなく、トンネル通過時に必要な装備。暗く路肩が狭いトンネル内は非常に危険。長距離トラックには特に気をつける必要がある。

故障したときのことを考えて、遠出するときは必ず予備の電池式ライトを持っておくことにする。電気系統の修理は出先では難しい。とりあえずAmazonコンビニ受け取りで新しいライトを手に入れて、壊れたライトは実家へ発送。あとからじっくり丁寧に修理すればいい。

予備として新たに購入した同じフロントライト。
以前購入したときに比べて値上がりしていたので、今のうちに2個まとめて買っておいた。

それでも2,000円もしない安さのしっかり使える丸善のマグボーイ。これは買って正解だった。
同じ型のライトを持っていると、壊れたものからパーツ取りできるのがいい。

一度使うと手放せなくなるダイナモライト。今回は1年も経たないうちに断線故障してしまったが、貴重な経験ができたし、無事に修理できたのでヨシとしようか。