ドロップハンドルにスマホホルダーを付ける

こんにちは。からあげです。

はじめに

フードデリバリーの仕事には、スマートフォンを自転車のハンドルに固定するスマホホルダーが絶対に欠かせない。
片手運転は事故のもと。少しばかりの投資を惜しんで人生を台無しにするのは馬鹿げている。
仕事のほかに日常生活でも大活躍。土地勘のない場所を走行するとき、スマホのナビを使うと迷わず目的地にたどり着くことができ時間のムダがない。

今回は実際に使って良かったスマホホルダーを紹介したい。

 

Tiakiaスマホホルダー アップグレード版 PB04-AC


型式 PB04-AC
商品寸法 (長さx幅x高さ) 13.5 x 7 x 10 cm
重量 116g
適合サイズ 長さ127〜189mm 幅63〜89mm
適合ハンドル径 22〜32mm

Amazon商品ページより

今回紹介するのは、中国メーカー「Tiakia」のスマホホルダー。
Amazonでの評判が非常に良かったもの。いくつか改良を施すととても使いやすくなる。

製造時期により、仕様が若干異なることがあります。
 

内容物

・スマホホルダー本体
・ハンドル固定用クランプ
・スポンジパッド3枚
・取り扱い説明書

 

本体、クランプ、スポンジパッド(3枚)の重量は116g。

スマホホルダー本体

耐久性のあるステンレス製の4本アームでガッチリとスマホを保持してくれる。

裏面

赤いポッチはロックスイッチ。伸縮可能なアームを固定する。
ロックスイッチは使っているうちに操作が固くなってくる。シリコンスプレーを吹くと元のように動きがスムーズになる。

横からみたようす

ハンドル固定用クランプ

厚さが2種類のラバーパッキンが付属する。

英文表記の取り扱い説明書。
日本語の説明はなし。甘ったれるんじゃねー!
中学生レベルの英語力でも、大まかな内容は理解できる。

さっそく5.2インチモニターのHUAWEI P10liteを取り付けてみた。

裏面から見たようす

 

適合するスマホのサイズ

実際に取り付けてみたのは、iphone7、HUAWEI P10lite、Sony Xperia Z Ultraの3つ。
iphone7、HUAWEI P10liteは取り付け可。Sony Xperia Z Ultraはサイズオーバーで不可。

うっかり手を滑らせてスマホを落とす可能性があるので、スマホケースを装着して使いたい。多少厚みが増すが取り付けに問題なし。

ほかにスマホホルダー各部に負担が減るため、スマホ本体の重量はできるだけ軽い方が良い。ネジが緩めの締め付けでよくなる。

機種名サイズモニター重量
(本体のみ)
 iphone7138.3×67.1×7.1mm4.7インチ138g
 HUAWEI P10lite

146.5×72×7.2mm

5.2インチ146g
✖ Sony Xperia Z Ultra

179×92×6.5mm

6.4インチ212g

 

スマホホルダーの取り付け

スポンジパッドの貼り付け

そのままで取り付けたところ、ぱっと見はいいかのように思えたが、横から見るとスマホ背面に隙間があるのがよく分かる。

この状態では4隅の4点だけで支えることになり、保持力が低くスマホが脱落する危険がある。

スポンジパッドを貼り付けると、保持力と衝撃吸収性が増す。
強力両面テープで貼り付ける。

スポンジパッドでスマホが密着するようになる。これでよし。

 

固定用クランプの取り付け

適合ハンドル径は22〜32mm。

オートバイや自転車のハンドル径は同じで22.2mm。ドロップハンドルの場合、ハンドルバーにブレーキケーブルを沿わしているため、ハンドル断面が丸くない。固定用クランプを付けると、このように隙間ができる。

クロスバイクやママチャリの場合はブレーキケーブルが邪魔な位置になくハンドル断面が丸いので、付属のラバーパッキンを使うだけでよい。

ちなみに私の自転車のハンドルはDIXNA (ディズナ)クロス バンディーハンドル。クランプ部分31.8mm、ブレーキブラケット取付部23.8mm、エンド部分22.2mmという特殊な異径ハンドルになっている。取り付け箇所の径は23.8mm。

そこでチューブ片を詰めてハンドルと密着するようにした。この状態でしばらく様子をみた。

取り付け完了のスマホホルダー

所要時間はおよそ15分。誰でも簡単に取り付けることができる。

横から見たようす

角度調整も自由自在。

スマホを取り付けてみた。
スマホが邪魔になって上ハンが握れなくなるものの、定位置のブラケットは問題なく握ることができる。ブレーキ操作にも支障はなし。

 

不具合箇所の改良

実際に配達仕事に使用していると、2,3問題が発生した。それらを順に説明したい。

 

アームの伸縮とロックスイッチの操作が固くなる

使い初めはスムーズだったものの、使っているうちにアームの伸縮とロックスイッチが固くなってきた。

そこで潤滑剤としてプラスチックにも優しいシリコンスプレーを吹いた。すると元のようにスムーズに操作できるようになった。雨の中走ると油分が落ちやすいので、定期的にシリコンスプレーを吹いてやった方がよい。

動きが悪いまま使っていると壊してしまう。

 

走行中の衝撃で角度がずれる

ねじを強く締めても、走行中の衝撃でスマホの角度がずれてしまう。ユニバーサルジョイント部分が滑りやすい。
ねじを強く締めると破損の元になる。

そこでユニバーサルジョイント部分に液状ガスケットを塗布することにした。
乾くと固まってゴム状になる。滑り止めになるものなら何でもよかった。

自動車整備のために購入したものだが、量が多すぎて全然使い切れない。
大容量のチューブ入りを買うと往生する。

 

たっぷりと塗っておいた。
ネジ山に塗っておくと、ネジの緩み止めにもなる。

クランプのカップにもたっぷりと塗っておく。

液状ガスケットを塗ると走行中に角度がずれることがほとんどなくった。いつもは大きな段差を越えるたびに角度調整が必要だった。

 

クランプの固定力不足

液状ガスケットでスマホの角度調整がほとんど必要なくなったものの、クランプの固定力が不足していたため、スマホの重量でクランプごと回転してしまうことが度々あった。
それでクランプを強めに締め付ける必要があったのだが、締め過ぎはクランプの破損につながる。
そこで分厚い水道ホースを切って丸くなるようにした改良した。
すると適度に締め付けるだけでよくなった。

断面が真円でないドロップハンドルの場合、段差の解消が重要。

 

スマホホルダーの使い心地

スマホホルダーに改良を加えると、劇的に使いやすくなった。
買ったままではこの商品の良さを感じることはできない。

取り扱いに慣れると、およそ3秒で着脱可能。手元を見なくても、ロックスイッチを操作できるようになる。慌てているとロックし忘れるので注意したい。

これまで走行中スマホが脱落したことは一度もなし。

半年以上、配達仕事や日常でも使っているが問題なく使えている。
耐久性も十分ある。だが、弱そうに見えるクランプ部分がやや気にかかる。

型番が違うため適合するかは不明だが、クランプ単体で販売されているのも嬉しい。

 

ハンドルにつけっぱなしだと、紫外線による劣化や盗難のおそれがあるので、必要ないときはクランプを残して本体だけ取り外している。

スポンジパッドはしっかり仕事をしてくれる。
まだ一度も交換していないものの、ボロボロになっていない。
3枚入りで貼り替えすることができるのもいい。

 

仕事にも日常生活でも便利で手放せなくなったスマホホルダー。
今後も大事に使い続けてゆこう。