自転車の必需品 テール(リヤ)ライト CATEYE REFLEX AUTO(TL-LD570-R)の取り付け

こんにちは。からあげです。

 

新たなテールライトを探す

ロングツーリングの安全のためには、テールライトが欠かせないと気が付いた私は、ドロヨケに付いている反射材を取り外し、BridgestoneソーラーテールランプⅡ(SLR110)というテールライトを取り付けた。

 

しばらくようすをみていたのだが、ライトの明るさがイマイチだった。夜間はそれなりに目立つのだが、薄暗いところでは明るさが足りない気がした。ツーリングには不向きだったが、ママチャリには必要十分な性能だった。

郊外を走る車はかなりのスピードで走っているため、遠くから発見してもらってスピードを落とすか距離を開けてもらわないと、追突される危険性がある。

そこで新たなテールライトを物色していたのだが、ついに私が求めるものを見つけたのだった!

 

自転車用テールライト

CATEYE REFLEX AUTO(TL-LD570-R)

品名  REFLEX AUTO
型式  TL-LD570-R
サイズ 81.4 x 44.3 x 30.3mm
重量  66.8g (本体・乾電池のみ)
電源  単4形乾電池2本 (アルカリ乾電池推奨)

使用時間

点灯:約30時間
点滅:約100時間
ラピットモード:約60時間
ロングライフモード: 約120時間
パルスモード: 約30時間

特徴

・明るさと振動のダブルセンサーを内蔵し、夜間走行時に自動で発光する「オートライト」(周囲が明るいと点灯しません)
・振動静止後も約50秒間発光を持続
・JIS規格を始めアメリカ・イギリスなどの基準をクリアーしたワイドアングルリフレクターを搭載、消灯時の安全を確保
・LEDの光が、後方へ180度以上の角度でワイドに広がり、夜間走行の安全性がアップ
・ハイパワーLED1個を含む5LED使用
・シートポスト用ブラケットに加えリアラックマウントブラケットも付属

メーカーリンク CATEYE製品情報(REFLEX AUTO(TL-LD570-R))

 
 
内容物一式

ライト本体、取り扱い説明書、ブラケット、クランプ(SP-5)、クランプ(SP-7)、リアラックブラケット、単4電池2本、パッキン(1mm厚)、パッキン(2mm厚)、ネジL×1本、ネジM×2本、ロックネジ×1本、ワッシャー×1個

 
ブラケット
シートポストに取り付ける場合、クランプと組み合わせて使用する。
左:クランプ(SP-5) Φ23.5~27.2mm
右:クランプ(SP-7) Φ28.8~32.5mm
シートポストの太さによってクランプを選択する。
クランプの内側にパッキンを入れてから取り付ける。
ブラケットとクランプを組み合わせることで、シートポストに取り付けることができる。
リアラックブラケット(おもて)
飛び出ている楕円形状のパーツ2個は、取り外してネジの固定用に使用する。裏表で5mm用の穴と8mm用の穴になっているので、取付時に注意する。
リアラックブラケット(うら)
ライト本体(おもて)
中央部にハイパワーLED1個を含む5個のLEDが装備されている。
カバーを兼ねる反射材は、JIS規格を始めアメリカ・イギリスなどの基準をクリアーしたワイドアングルリフレクターを搭載し、消灯時の安全を確保している。
ライト本体(うら)
ブラケットまたはリアラックブラケットに取り付けるための出っ張りがある。右端の飛び出たところは、電源スイッチ。
側面(長辺側 ロゴマーク)
側面(短辺側)の電源スイッチ
スイッチの長押しでオートモードのオン・オフ、普通に押して発光モードの切り替えを行う。明るい場所でのオートモードのオン・オフや発光モードの確認は、スイッチと反対側を手でおおうなど「明るさセンサー」を隠して振動を与える。
反射材付きのカバーには切れ目が付いていて、ここに硬貨を挿して開ける。
試しに硬貨を挿してみると、10円玉がジャストフィットした。
10円玉を挿したままひねると、カパッと音を立ててカバーが外れた。
Amazonのレビューを見ると、振動で走行中に外れることがあるということだったが、カバーはキツめとなっていた。多くのクレームにより、改良が加えられたようす。
20,000km以上走って走行中に外れることは一度もなし。
パッキンのようす
分厚いパッキンで十分な防水性はあると思われる。脱落防止と防水のため、本体とカバーの当たり面にテープを巻いておくほうが良いかもしれない。
画像中央の出っ張り部分に光センサーが内蔵されている。ここをテープで塞げば、常時点灯可能となる。わがままを言うと、センサーによる点灯と常時点灯の切り替えスイッチが欲しい。
フタの裏側
ハイパワーLEDのところだけ、クリアの球体レンズとなっている。
おまけで付いていた単4電池2本を入れた。
フタをして点灯確認を行う。
電源スイッチの反対側の光センサーを手で覆いながら振動を与えつつスイッチを押す。すると眩いばかりの光を放った。
スイッチを押してモード切り替えを行ってみた。操作は至って簡単だった。

リアキャリアへの取り付け

リアキャリアへの取り付け方法は、説明書に詳しく記載されている。
楕円形のパーツを切り離してある。
上が5mm穴用、下が8mm穴用となっている。穴の大きさに合わせて、向きを変えて取り付ける。
取り付けるリアキャリアは、Tubus(チューブス)のLogo Classic。クロモリ製で耐荷重40kgを誇る世界一周サイクリスト御用達のキャリアだ。
迷わず私はTubusのキャリアを選択した。選ばれるには訳がある。サイズは、26/28インチ兼用ブラック。ちょうどキャリアとブラケットの内側の穴の位置がピタリと合った。
 
楕円形のパーツを裏側から当てて(8mm穴用)ネジを締めた。すると、キャリアにジャストフィットした。
上から見たようす
リアキャリアにテールランプを付けてみた。圧倒的な存在感。小さな反射材とは全然違う。
上から見たようす
まるでチューブスのキャリアに合わせたような作りで、全く違和感がない。
「キャリアに取り付ける場合、盗難防止のためロックネジで固定することをお勧めします。」と説明書に記載されている。この穴がロックネジ用。
ワッシャを付けてロックネジを付けたところ。小さなネジで非常に頼りない。これだと強引に引っ張れば簡単に取れてしまう。自転車を離れる際は外して持ち歩いた方が無難だ。
横からチェックする。
真後ろからチェックする。全く違和感がなし。
斜め後方から。

リアキャリアに荷物を積載した際の取り付け位置変更

取り付け位置に問題が発生!
キャンプツーリングに行く場合、リアキャリアの天板部分にキャンプ用マットのリッジレストを丸めて縛ってゆくのが定番になっている。
この位置が嵩張るマットには一番しっくりくる。断熱性が高く寝心地のよいエアーマットは、エア漏れのおそれがあるため好きではない。ラフに扱っても平気な固形式のマットがおっさんの好み。
リアキャリアにマットを縛るのはいいのだが、ここに縛るとリアキャリアに付けたテールライトが見えにくくなる。車高の高いトラックやRV車のドライバーからは、マットに遮られて全く見えない。
視認性向上のために付けたテールライトが、全く役に立たなくなっては意味がない。ツーリングにこそテールライトは必要だ!
加工しやすいアルミ板を使ってテールライトの取り付け位置を後方にズラしてみることも検討した。
悪くはないアイデアなのだが、アルミ板でも結構重たいし、振動で取り付けビスが緩んでくるおそれがある。余計な心配事を増やしたくはない。よって却下。

意外に役立つ100均テールライト

以前、しばらくの間、100均のテールライトをマットに取り付けていた。CATEYEのライトに比べると明るさは劣るが、値段以上のいい仕事をしてくれた。
ライトを点灯させると、道行く車が距離を開けて抜いてくれるようになった。
この100均のテールライト、センサー無しでオン・オフのみだが、意外に侮れない。
CATEYEのテールライトが壊れるか失くすかしたら、とりあえずコイツを付けておけば、最低限の安全は確保される。
100均は全国津々浦々どこでもあるため、予備のテールランプを持たなくても済む。
ただし、リフレクター機能は付いていないので、自転車には必ず反射材を付ける必要がある。
法律云々以前に、これは社会人として、サイクリストとしてのマナーだ。

マットの後方に取り付けてみた。

マットへの取り付け方法は簡単だ。
リアランプブラケットのビス穴にロープを通して状態でマットを丸めて縛るだけ。キャリアに載せたら、あとはロープをシートポストに縛ってテールライトを固定する。
振動はマットが吸収してくれるため、精密機械にも優しい。
リアキャリアに較べて取り付け位置が高くなり、視認性がアップした。
自転車は目立ってなんぼ。
テントポールと一緒に丸めておけば、テールランプがフタになって脱落防止にもなるし、カバンの空きを増やすこともできる。
マットの取り外しは、基本キャンプ場所に着いてからしか行わないため、この取り付け方法で何ら問題はない。
荷物を下ろして町に買い出しにゆく時は、リアキャリアに直接取り付ければいい。
テールライトのロープをシートポストに縛ったようす。
付け外しが面倒くさいが、一日1回なのでそれほど苦にならない。
 

ツーリングで使用した感想

2018年5月 南紀・熊野古道ツーリング

雨のツーリング中で夕方になった時、ライトのスイッチを入れると点灯して非常に目立ってくれた。車道走行でも安心して走ることができた。
トンネル内の走行は昼夜問わず非常に危険。
歩道のないところでは車道を走ることになるため、追突防止にテールランプを点灯し自らの存在をドライバーたちにアピールせねばならない。

2018年北海道・東北ツーリング

2018年北海道・東北ツーリング(4ヶ月、走行距離7,000km)で使用したが、耐久性、視認性に問題なし。振動でフタが外れることもなかったし、大雨の中走ってもランプの中に浸水することもなかった。
脱落防止と防水性向上のために、上側のフタと本体の合わせ面にビニールテープを貼っておいた。
電池の持ちも十分で、頻繁に電池交換する必要は全くなし。(夜間走行は極わずか。)電池は充電可能なニッケル水素電池を使用していた。
ロングライフモード( 約120時間)を常用し、充電スポットに立ち寄った時に、1,2回充電しただけだった。おそらく全く充電せずとも大丈夫だったと思われる。
歩道のないトンネルを通行する際にテールライトの有り難みが痛いほど分かった。
自転車の通行が稀な郊外の道、特にトンネル内ではドライバーからの視認性は命に関わる。
後方から迫りくる車の轟音を聞いても、テールライトがあったので安心できた。
無灯火の車もたまに通るので、反射材だけでは不十分で危険。
トンネルが連続する区間でも、センサーで自動でONOFFしてくれるので便利だった。
トンネルの前でスイッチを入れて、あとはライトにお任せ。
雨天だと視認性が落ちるので、常時点灯の切り替えスイッチが欲しいと思った。それ以外は非常に満足。キャットアイさん改良お願いします!
トンネル内や薄暮時などでテールライトを点灯すると、周囲の車が距離を開けて抜いてくれるようになり、ハッキリと効果を体感することができた。
反射材だけだと無灯火の車には見えないので危険。テールライトを点ければ全ての車にアピールすることができる。これは非常に大きい。

2019年オーストラリアツーリング

見渡す限り遮るものがない広大なオーストラリアでは、毎日のように強い向かい風に苦しめられた。日が昇って気温が上昇してくると、決まって風が吹き始める。なぜか、向かい風が多くて、一日が終わる頃には疲れ果てた。

毎日厳しい修行のような日々が続いたある日、夜間走行をしようと思い立つ。試しに走ってみると、風が弱いうえに涼しくて非常に走りやすかった。それからというもの、向かい風が吹く日は早起きして日の出前の1~3時間、夜間走行をするようになる。

町から離れた荒野の道では、夜間になると交通量がほとんど途絶えるが、時々超大型のトラックがやって来る。その名はロードトレイン。全長は50mを超える。強力なライトで周囲が照らされるので15分前くらいには気づく。次第に明るくなり、地響きを伴う爆音が近づいてくる。

後方から迫ってくるロードトレインの運転手に、いち早く見つけて貰うためにはリアライトが必要だった。ロングライフモードで点灯すると、中央のライトの強い閃光がよく目立った。
ミラーで見ると、500m以上離れている反射板が光っているのを確認することができた。

オーストラリアで13,000km以上走っても、一切故障なし。このリヤライトがあったお陰で、最低限の安全を確保して夜間走行することができた。

数km先から視認できるほど明るいわけではないが、価格以上に十分活躍してくれる。
おっさんが自信をもっておすすめできるアイテムだ。さらにミラーを付けて反射ベストを着用すれば、後方の安全はバッチリ。より安全により楽に自転車を楽しむことができるようになる。

ミラーは別の機会に紹介することにしよう。