ブレーキのインナーワイヤーの解れを修理する

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

今日は自転車ネタ。いや、今日もと言うべきか。

ブレーキ周りの点検をしていた時に、インナーワイヤーのキャップが外れてワイヤーの端が解れているのを発見した。見なかったことにして乗り続けてもいいが、特に効きの強い重要なフロントブレーキのため、乗っている最中にワイヤーが外れてブレーキが効かなくなったら命に関わる。

本来は新しいインナーワイヤーに交換する方がいいのだろうが、まだ乗り始めたばかりの自転車で、新しいものに交換するのは勿体なかった。いったいどうやって修理しようか。考えに考えたおっさんの修理方法はどのようなものだったのか?それをこれから詳しく解説してゆこう。

 

ブレーキのインナーワイヤーの解れを発見する

時を遡ることおよそ半年。春になって山梨から愛知まで250kmほど走って実家までやって来ると、自転車の掃除を兼ねて点検を行うことにした。

自転車はPanasonicのランドナーOJC4。今年の1月の下旬に手に入れた自転車だ。

ブレーキは昔ながらのカンチブレーキ。

ウエスで丁寧に拭きながら、各部を点検してゆく。
よし、ブレーキをバラして細かくチェックしてみるかな。などと脳内で独り言を言いつつ作業を進めるのだった。

アーチワイヤーを千鳥金具から外す時に気がついた。

千鳥金具と繋がっているインナーワイヤーが解れてしまっている。
キャップが外れることは、よくあることだ。以前、ママチャリに乗っていたときは、気にせず乗り続けていて、そのうち忘れてしまっていた。

スポーツ自転車に乗るようになってからは、細かいところまで気になるようになってしまった。神経質過ぎるか?いや、これでいい。

スピードの出るスポーツ自転車の場合は、ブレーキの故障は特に命に関わる。このまま放置して乗り続ける訳にはいかない。さて、どうやって修理するか?

 

予備のキャップを付けてみようとしたが、端が広がり過ぎているため、キャップの中にワイヤー全てが入り切らない。プライヤで挟んでやってみたが、あともう少しのところでバラけてしまう。千鳥金具から出ている部分が短すぎたようで、何度やっても無理だった。仮に無理して付けたとしても、すぐに外れてしまうだろう。

この時点での走行距離はおよそ1,850km。乗りはじめて3ヶ月、2,000km足らずでインナーワイヤーを交換するのは勿体無い。しかも自転車屋さんが、わざわざ標準のスチールワイヤーからステンレスワイヤーに交換してくれている。ステンのいいワイヤーをちょっとダメになっただけで捨てるのは惜しい。

ネットで検索してみると、より完成度を求めるマニアは、ワイヤーをカットしたあとで、ハンダ付けしてほつれ止めをするという情報が出てきた。思い切ってハンダ付けに挑戦してもいいが、このように解れてしまったワイヤーでは難しいだろう。検索しても修理方法は出て来ないので、新品に交換するのが基本のようだ。まあ当然か。

インナーワイヤーの解れを修理する

そこで考えたのが、瞬間接着剤で固めてしまう方法。何でも瞬間接着剤で固める癖のあるおっさんだが、まだこの時はそれほど瞬間接着剤には依存していなかった。瞬間接着剤であれこれ修理するうちに、いつの間にか定番の修理方法となっていった。まだ当時はピュアだった。瞬間接着剤はもちろん100均。

これ以上症状を悪化させず、インナーケーブルがすっぽ抜けてしまうのを防ぎたい。
ただ、瞬間接着剤で固めるだけでは厳しいかもしれない。

そこで考えたのが、結束バンドで解れたワイヤーを束ねてから瞬間接着剤で固める方法だった。

これなら、なんとかなりそう。

まずはやってみることにした。結束バンドを輪っかにして通し、プライヤーで引っ張ってしっかりと締め上げた。

できるだけ結束バンドを固定ナットのギリギリまで寄せてから、端を瞬間接着剤で固めた。
何度も塗っては乾かしを繰り返し、端っこをしっかり固めておいた。コブのような塊となり、それがストッパーとなるので結束バンドは外れない。結束バンドが外れさえしなければ、症状が悪化することはないだろう。
何度も瞬間接着剤を塗り重ねた結果、結束バンドとワイヤーはガッチリくっついてくれた。

これでようすを見てダメなようなら、新しいインナーワイヤーに交換しよう。

他のブレーキやシフトのインナーワイヤーのキャップも点検する。外れていたのは、フロントブレーキのみ。

外れないように全てのキャップを瞬間接着剤で固めておいた。何度か塗ってしっかり固めておいた。
キャップが外れたら、どうせインナーワイヤーは解れてしまう。キャップを外すことは考えなくていい。

その後のようす

その後、南紀熊野古道ツーリング、北海道・東北ツーリングで約8,000km走行したが、修理した箇所が傷んで来ることはなかった。

修理箇所のようす

修理直後のようす

修理直後と見比べてみても、ワイヤーがズレてきて短くなっているようなことはなし。
千鳥金具の固定ボルトの締め付けは、定期的にチェックしていた。
瞬間接着剤で固めた場所は、しっかりと硬化していてちょっとやそっとでは外れそうにない。

他のインナーワイヤーのキャップを点検したところ、外れているところはなし。

作業の感想

軽い気持ちで瞬間接着剤で修理してみたが、その後の経過を見て悪くはない修理方法だと分かった。
この方法ならどこでも行うことができる。

インナーワイヤーは1年くらいで定期交換するものだから、この修理方法でもたぶん問題はないだろう。少なくとも、ツーリング途中で修理したとしても、家に帰るまでは持つと思う。気になるようだったら、家に帰ってから新品に交換してもいいし、次の定期交換まで使い続けてもいい。そこらへんは個人の判断で。

 

これでツーリング途中でインナーワイヤーが解れてきても、修理できるから安心だ!いちおうは予備のワイヤーは1本は持つかもしれないけど。ヨシ、また一つの悩みは解決だ!

 

おわり

コメント