ジェットスター格安航空券(成田~メルボルン 片道)の購入

こんにちは。からあげです。

 

スポンサーリンク

航空券を手配するまで

いよいよ、オーストラリアツーリングが目前となった。この記事をアップしている頃には、ひょっとしたらすでに走り始めているかもしれない。

今回、海外での初の自転車ツーリングということで、英語圏・陸路国境越えなし・治安良好なオーストラリアを選択したのだった。内陸部にある巨大な一枚岩のエアーズ・ロックをこの目で見たい!子供の頃から思っていた夢だった。ちょうどオーストラリアドルが安くなっていることも理由のひとつに今シーズンの活動の舞台をオーストラリアに決めた。

ビザの取得は拍子抜けするくらい非常にスムーズに行ったためか、その後の準備がなかなか進まないでいた。時間があるとかえってダラケてしまう。日本出発の日が決まれば、やることがあれこれ出て来て、のんびりしている暇はなくなる。そんなふうに思ったので、年明け早々に航空券の手配をすることにした。

 

今回は初めての飛行機輪行ということで、あらかじめ実家で自転車を解体してダンボール箱に詰めし、他の荷物と一緒に空港まで送ることにした。空港まで自走して短時間で荷造りするのは厳しいように思えた。実家から近い中部国際空港は、空港島に架かる橋が自動車専用道路で自転車は通行不可となっている。

始め名古屋発のメルボルン(Melbourne)行きの往復チケットを探していたのだが、滞在期間が約8ヶ月と中途半端に長期だし、別の空港からでも戻って来れるように片道チケットを選択した。往復チケットとそれほど変わりない値段も決めてだった。値段が大して変わらなければ、自由度の高い片道チケットを購入した方がいい。
オーストラリアでは片道チケットでも、有効なビザとパスポートを所持していれば、入国拒否となる可能性は低いらしい。普通に考えてみても、8ヶ月先の復路便のチケットを購入している方が不自然だ。
滞在中の資金を証明するもの(銀行の預金残高証明書)と旅行計画書を示して説明すれば、まず問題ないだろう。私のイメージでは、オーストラリアは全然ややこしくない。

メルボルン行きとしたのは、タスマニア島に近いし、アデレード(Adelaide)までの比較的楽な区間でオーストラリアの走行に慣れることができるため。オーストラリア一周する気は全くなし。観光地化されている東海岸は私の好みではない。限られた滞在日数でオーストラリアの自然を満喫したい。そうなると、西オーストラリア中心のコースとなるのは自然なことだった。

 

セブパシフィックを検討する

名古屋発の最も安い便は、フィリピンのLCC航空会社のセブパシフィックだった。あれこれ調べてみると、運賃だけは安いものの前日・当日のフライトキャンセルもあるらしく、あまり評判がよくないらしい。しかも、途中フィリピンのマニラで乗り継ぎとなり、その際荷物の移動とチェックインを自分でする必要がある。大手とは違いLCCは、コスト削減のためにスルーチェックインなどという気の利いたサービスはない。混雑する空港で大きな荷物を抱えての移動は想像しただけで嫌になる。

万が一トラブルが発生したら、現地のフィリピン人スタッフと英語でやりとりしないといけない。HPを詳しく読んでみたが、内容がかなり大雑把で詳しいことが分からない。メールの問い合わせ先はないので、東京の窓口に電話を掛けてみたところ、案の定いつまで経っても自動応答の音声が流れるだけだった。ネットで検索しても、セブパシで飛行機輪行した人の情報が全く出てこない。片道3万円弱と最安値だが、遅延当たり前の危険な航空会社は止めて、他を選択することにした。

 

ジェットスターの航空券を買う

そんなことでほかを当たってみると、飛行機に滅多に乗らない私も以前から知っていたLCCのジェットスターが出てきた。カンタス航空が設立した子会社で本社はメルボルンにある。日本でも人気の高いLCCだ。
あいにく名古屋の便は就航しておらず、千葉の成田空港発だった。
成田空港は東京から離れていて不便だが、運賃の安さに惹かれてしまった。
 
ジェットスターのHPは完全な日本語で、細かい説明まであってシステムが分かりやすかった。セブパシフィックも日本語表示ができるのだが、微妙におかしい日本語で心配にさせられた。それ以前に英語表示でも、説明が全く不十分だった。セブパシはトラブルが起きる確率は非常に高いと思えた。
 
始め検索サイトのスカイスキャナーで探していたのだが、直に購入したほうが安かったことが分かり、ジェットスターのHPで予約購入することにした。
 

ジェットスターでのチケット購入の流れ

成田発メルボルン行きの出発日を選択する。とにかく安ければ安いほどいい。
トップページの上の方にある検索ウインドウに人数、出発地、到着地などを入力する。

出発地が名古屋の便もあるが、国内と台湾、シンガポール、マニラのみなので、自動的に東京(成田)となる。関空は名古屋同様に孤立した島(連絡橋が自動車専用)にあって何かと不便なので却下。
 
到着地はメルボルン(全ての空港)を選択した。
東海岸はメルボルンの他に、ケアンズ(Cairns)やゴールドコースト(Gold Coast)、シドニー(Sydney)などもあるが、有名な観光地には興味がないので、メルボルン一択。
 
フライトの選択は片道と往復を選択することができる。そして最後に出発月を入力する。
 
検索条件が決まれば、「フライトを検索する」のオレンジ色のボタンをクリックする。
 
検索結果は、選択した日付と前後3日分の計一週間分の値段が表示される。
繁忙期の3月を外すと、自動的にゴールデンウィーク前の4月中旬までと決まったのだった。
その中でも特に安い平日出発便を選ぶ。
 
どれにしようかな?
 
メルボルンの空港は、国際空港のタラマリンと国内空港のアバロンの2つがある。
到着後、自転車用品を購入する必要がある(飛行機に積めないゴムのりやチェーンオイルなどの油脂類)ので、メルボルン市街地に近い国際空港(タラマリン)行きの便を選択する。
 
詳細ボタンをクリックしてフライトの詳細をチェックする。
うむ、ケアンズ経由か。おっ、飛行機はどちらもボーイング787-800!ということは乗り換えなしということか。(予約完了後、チャットで問い合わせ済み。荷物の移動とチェックインは必要なし。)

この便なら、乗り継ぎの際に煩わしいチェックインと荷物の移動を行わないで済む。まさか飛行機に乗っているのに、一旦降りろとは言わないだろう。仮にケアンズ発が遅延やキャンセルとなっても、予定を変更してケアンズから走り出すこともできる。
 
それにしても27,000円という激安運賃が嬉しい。おっさん思わずニンマリだ!
 
運賃の他に国際観光旅行税1,000円、旅客保安サービス料520円、国際線空港施設使用料(日本)1,020円、国際線旅客サービス料(オーストラリア)1,690円、合わせて4,230円が加算される。
これは必要なものだから仕方がない。しかし、こうしてハッキリ示してくれるので非常に安心感がある。
 
フライト選択のあとは、オプションセットを選択する。
 
手荷物の重量アップやキャンセル料無料などのオプションが付くセットがある。
手荷物はセットではなく個別サービスで頼むことにする。
私にはどれも不要。
 
続いて受託手荷物(預け荷物)の選択。
自転車や装備品などのたくさんの荷物があるので最大の40kgを選択した。
ジェットスターは重量制限のみで、個数の制限はなし。32kg以下にすれば、複数個に分けることができる。
40kgも必要ないと思ったが、30kgと比べてもそれほど大差はないので、念のために最大の40kgとした。
荷物を預けるチェックインの際に重量オーバーすると、バカ高い追加料金を支払うことになる。
ここは十分余裕をみておいた方が無難だ。勝負するのは、実際に自転車で走り出してからだ!
 
機内持ち込み手荷物の選択。
2,000円追加で払うと、プラス3kgで10kgまで機内に持ち込むことができるようになる。
特に機内持ち込みの荷物はないので、そのまま。
万が一、預け荷物が重量オーバーしそうな時な、機内に最大限持ち込む。
 
オーバーサイズの手荷物
 
サイズの大きな手荷物は1個に付き追加料金を支払うことになる。
ただし、車椅子やベビーカーなどの生活必需品は免除される。
 
先ほど預け荷物で40kgを選択しているが、ここではさらに自転車1台分の料金が加算される。ここで支払っておかないと、当日チェックインの時にややこしくなる。
 
受託手荷物40kgにサイズの大きな手荷物1個が追加される。
追加料金は2,000円。
 
手荷物運賃が追加されて39,230円になった。
LCCのサービスは全て有料。いろいろ加算されてゆくが、それでも大手航空会社と比べると十分安い。
 
座席の選択
 
特に座席指定なし。
自分の体をオーストラリアまで運べたらそれでいい。他に何を望むというのか?
身長165cm痩せ型の自分には、LCCエコノミーの狭いシートでも十分耐えられる。これは精神修行も兼ねているのだ!
 
機内食やエンターテイメントももちろん有料サービス。
妄想しながらじっとしていれば問題なし。すでに覚醒しているおっさんにエンタメなどは一切不要!(もちろんアドバイスも)
 
無駄に飲み食いすると、何度もトイレに行きたくなってしまう。
 
やっぱり割高に思える機内食。こんな体に悪いもんは食わなくてもいい。ちょうど断食するいい機会だと思うことにしよう。
 
一昨年乗ったエアチャイナは、Los Angeles往復で6万円弱だったが、スルーチェックインでなおかつ機内食も出た。機内もそこそこ快適だったし、非常にお得だったと言える。ああ、また乗りたいエアチャイナ!
 
搭乗者情報の入力
 
表示されているとおりに入力する。日本語の説明文は自然で全く違和感はない。
 
最後に内容の確認と支払いを行う。
 
選択したフライトと内容に間違いはないか十分確認する。
よし、OKだ!
 
支払いはクレジットカードを選択する。
バウチャーも選択可能だが、ジェットスターはじめての私には意味不明。
 
クレジットカードでの支払いは、ジェットスターカード(マスターカード)を除いて1,000円の支払い手数料が掛かる。
日本でメジャーなJCB・VISA・masterなどを使用できる。
私は海外旅行保険付きの楽天カード(VISA、利用付帯)で支払った。もちろん90日間の海外旅行保険を適用させるためだ。今回もカード付帯の海外旅行保険でなんとか凌ぐ。
 
支払い手続きを行う前に支払内容の詳細が表示される。
 
お約束の利用規約が表示される。承諾したら、チェックマークを入れる。
重要なことが書かれているので、しっかり読んで内容を理解する。
 
飛行機の運航がスケジュール通りにならなかった際に旅客に発生するコスト、経費、損失または損害に対して一切の責任を追いません。
乗り継ぎに際してフライトの接続、受託荷物の移動またはチェックインを提供しません。

ジェットスター利用規約より引用

 
支払いボタンをクリックすると、決済が実行される。
 
処理中の表示。およそ15秒くらいで完了した。
 
予約完了画面
 
説明によると、予約完了と同時にメールが送信されるはずなのだが、私の場合は旅程表などが記載されたメールが届くまでにおよそ30分以上掛かった。理由は不明。無事に届いて何より。
 
念のため、予約内容の確認を行う。
ここで手荷物の追加や機内食の注文などを行うことができる。
フライト変更の表示もあるが、私が予約したチケットは変更不可。
 
予約完了からおよそ30分後。
登録したメールアドレスに旅程表が記載されたメールが届いた。
 
内容を再びチェックする。間違いはなし。
 
チェックイン時間は出発の3時間前から1時間前までとなる。
時間に遅れないように早めに到着しておく。
 
メールには別添で明細書兼領収書(PDF)が貼付されている。

 

ジェットスターで航空券を購入した感想

とにかく安い。自転車などの預け荷物込みで片道約4万円は安すぎる。
購入の手順も直感的で分かりやすく戸惑うことはなかった。説明文もしっかり書かれていて心配になることは一度もなかった。

あとは実際に飛行機に乗ってみるだけだ。乗ったあとでどういう感想になるのかは知らないが、おっさんの期待を裏切らない航空会社だと十分期待できる。

 

今回のオーストラリアでは思いっきり楽しんで、清々しい気分で日本に帰ることにする。

 

おわり