来年2019年はオーストラリア

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

今現在、急ピッチでサイト制作を行っているところだ。

北海道と東北でのツーリング中、ペダルを漕ぎながら今後のサイト運営のことについて考えていた。当ブログは出発直前に立ち上げた新サイト。旧ブログは記事数が増えて重たくなってきて、メンテナンスに手間が掛かるようになっていた。

出先でスマホでできる作業は限られる。それで急きょ新サイトを立ち上げたのだった。

時差更新ではあるが、毎日ブログ記事を作成して、かなりのボリュームとなってきた。無料とは思えないハイクオリティーのテーマ「Cocoon」のお陰で、Googleさんの評価も高くなってきた。そんな新ブログではあるが、弱点がある。それはまだ検索に弱いこと。

新ブログの訪問者は、まだ圧倒的に既存の読者で、検索でやって来る新規読者は少ない。ツーリング日記がメインの内容では、新規読者は望めない。それで新規読者獲得のため、検索に強い資産になる記事を書いている。

記事を書くのは純粋に楽しいのだが、根を詰めすぎると疲れてくる。今まさにそうした状態で、日頃の疲れが溜まってきたのだった。

 

なぜ、それほどまでにサイト制作に力を注ぐのか?

 

それは活動資金を得るため。来年から海外での活動をメインとするため、装備品や消耗品、現地滞在費などの活動費が爆発的に増える。基本野宿のBライフ的活動とはいえ、大量の資金が必要となってくる。現在、おっさんの金融資産は、右肩下がりで急降下している最中だ。今後もこの状態が続けば、近いうちに蓄えが底をつき、活動の無期限停止を余儀なくされる。

アルバイトも考えたが、協調性の欠ける私は、世間一般の仕事には向いていない。人間、誰しも向き不向きがある。自分に合わない仕事で消耗するくらいなら、独力で稼げるネットビジネスに力を注いだ方がいい。そう思って日々サイト制作にエネルギーを使うのだった。

 

来年の活動場所を発表するのは、もう少しあとにしようかと迷ったが、記事作成に支障が出る前に発表してしまうことにした。

来年はオーストラリアをツーリングする。

すでに新しい自転車は発注してある。アメリカの自転車メーカーSURLYのDisc Truckerという自転車だ。定評のあるLong Haul Truckerのディスクブレーキ版。11月末ころ納車の予定だ。

オーストラリアに決めたのは、比較的走りやすい場所だから。長期ビザの取得もそれほど難しくはなく、国境越えもない。ツーリング自体に専念できるためだ。英語圏ということもある。英語であれば、身振り手振りを駆使して最低限の意思疎通はできる。

初めての海外ツーリングは比較的優しい地域にしよう、そう思った。ただ、注意が必要なのは、砂漠気候の暑さだ。少し内陸部に入れば、灼熱の砂漠が待ち受けている。去年のPCTで暑さの感覚は多少掴んだが、PCTより遥かに厳しい暑さが待ち受けていることが予想される。暑さに負けない体作りが求められる。

オーストラリアは南半球で、日本と季節が逆転するため、暑さが多少和らぐ冬期に行く。GWが終わった頃に出国すればちょうどいい。

 

活動場所を明確にすることで、自分のやるべきことが見えてくる。今現在は、サイト制作作業と並行してビザ取得の準備をしている。必要書類は旅行計画書を残して揃った。あとは、帳尻合わせの計画書を作成するだけだ。

今の予定では、オーストラリア一周を計画している。どうせ走るなら、海岸線を一周してみたい。オーストラリア一周でおよそ14,000km。一日100km走っても140日間かかる。海岸線を走るほかに内陸部の砂漠地帯も走ってみたい。エアーズ・ロックやタスマニア島にも行ってみたい!

おっさんの希望をいろいろ挙げてゆくと、休みなしで走って半年で走りきれるか怪しい。余裕をみてせめて8ヶ月くらいは欲しい。

妄想を膨らませるのはこれくらいにしておこう。現実問題として、長期滞在するためにはビザが必要だ。
90日以内の短期のビザ(ETAS)なら取得は超簡単だが、1年間のビザとなると審査が厳しくなるはず。

過去のサイクリストのブログを見ると、若者の特典、ワーキングホリデーを利用した1年間の長期ビザを手に入れていた。オーストラリアの場合は、30歳までがワーキングホリデーの制度を利用できる。

私は団塊世代Jrの中年のおっさんだ。ワーキングホリデーを利用できない。だから通常の観光ビザを取得しないといけない。

 

実際のところ、オーストラリアを走る目的は、ただ楽しみたいからであって、オーストラリア一周という肩書が欲しいからではない。だから、一周に拘らずに柔軟にコースを決めたい。滞在が長期になれば、費用も嵩むことになるし、疲労が蓄積されてくる。自分の体力と資金を考慮して、最適の滞在日数にする。長く居れば、いいってもんじゃない。

正直、去年PCTに挑戦したのは、スルーハイカーという肩書が欲しかったこともある。リアルタイムでブログ更新しつつ、スルーハイクを成功させたかった。しかし、渡渉に失敗して死にそうな目に遭い、自分のレベルの低さを思い知ったのだった。

肩書は不要!

私、からあげ隊長は肩書がなくともカッコいい!

それでいいじゃないか。肩書がなくても死ぬわけではないし。将来、資金提供をお願いするために企業を訪問しても、全く相手にされないだろう。しかし、安易に人に頼ってどうする?金がなければ、ないなりの活動をしていけばいいだけだ。見た目の派手さだけを狙ってどうする?私は地に足を付けた活動をしてゆく。素のままの自分でいい。

 

話を1年の観光ビザ取得に戻すが、1年間になると相当審査は厳しいと思われる。だが、申請もせず思いとどまるのは馬鹿げている。まずは何も考えずに申請してみる。

とにかくビザがなければ始まらないので、年内にはビザの申請手続きを済ましておく。早ければ、年末にビザの取得ができるかもしれない。遅くても年明けの1月半ばには手に入れられる。そうなるように準備を進めておく。

 

さあて、来年の目標を明確にしたことで、俄然おっさんのやる気が出てきたぞ!できることからコツコツ片付けていこう。

 

おっと、忘れるとこどだった!

今現在、コメント欄は閉鎖している。自分の仕事に専念したいためだ。読者サービスのために維持したかったのだが、どうにも気分が乗らなかった。その分は、きっきり帳尻合わせをする。既存の読者が楽しめるような記事も時々はアップしてゆく。検索重視の記事はあくまで仕事であって、私は昔ながらの読者を大事にしたい。

今現在毎日更新となっているが、それはあくまで不定期の毎日更新だ。他の作業で忙しい場合は、アップできないこともある。それを断っておく。

 

それでも、読者あってのブログだから、精一杯やってゆきたい。

 

おわり