前向きな気持に切り替える

こんにちは。からあげです。

 

年末年始のアルバイトは今日で終わりとなった。今回は9日間だったが、9時から12時までの3時間であったため、それほど心身にダメージを受けることはなかった。時給は900円ちょっとで全然大したことないが、社会勉強になったのでヨシとする。

他のアルバイトの人と馴れ合うことなく、日々淡々と仕事を行った。仕事内容は簡単だが、簡単がゆえに、ミスをしてしまうことが度々あった。それでもなんとか無事にアルバイトを終えることができた。終わりよければ、すべてヨシ!

もう少し長い時間働いてみようかという気持ちもあったのだが、サイト制作とオーストラリアの準備を放っておいてまでする気にはなれなかった。本業に精を出さないと、確実に落ち目になってゆく。現実を直視して、自分のやるべきことをやってゆかねばならない。

 

ようやくバイトが終わったことで、自分のことに集中できるようになる。毎日、身だしなみを整える必要もないし、自転車を漕いでバイト先に向う必要もない。毎日遅刻だけはしないようにと、早めに家を出発してバイト先の休憩室で体を温めてから、担当の部署に出ていた。途中でパンクするかもしれないし、事故を起こすかもしれない。時間に余裕があれば、問題が起きても落ち着いて対処できる。久しぶりに、まっとうな社会人に戻ってみて、自分はやっぱり普通の生活は向いていないことが分かった。

今日はバイトの帰りにお店に寄って、おやつと味噌を買ってきた。
おやつはこれまで頑張ったご褒美、味噌は無添加のもの。

お昼ごはんを食べる。
今日は妙に寒気がしたので、味噌汁を作って食べた。
ガソリンストーブを出すほどのことではないので、ガスストーブでちゃちゃっと作った。
こういう時は手軽に使えるガスストーブがいい!

食後のおやつを食べる。

大晦日の日にいくら事件が起きて、心に隙間風が吹いているが、バイトが終わったことで随分と気が楽になった。ちょっとバイトするだけで、こんなにも疲れるんだと、労働の厳しさを再確認した。

食後は寝袋に入って考え事をして眠った。
明日からようやく普段どおりの生活を遅れると思うと、なんだか気持ちが上向いてくる。

およそ一月前、パソコン画面を長時間見ていても疲れないように、対策をいろいろ施したところ、随分楽になった。パソコンとスマホの画面にブルーライトをカットするフィルムを貼り、眼鏡にはクリップオンタイプのブルーライトカットのサングラスを付けた。二段構えのお蔭で、頭痛に悩まされていたのが嘘のように楽になった。

昼寝のあと、ディスクトラッカーに乗って、近所の河川敷までトレーニングに出かけた。
つい先日、走行距離が1,000kmを越えたばかりで、まだ自転車に体が馴染んでいない。

年明けになって初めてやって来たのだが、いつもいる人間とは随分違った。小さな子供のいる家族連れや散歩中のお年寄りの姿が結構見られた。爺さん婆さんはテレビの正月番組に飽きて出てきたのだろう。

自転車を漕ぎながら、これからのことを考えた。これまで後ろ向きな気持ちだったのは、やるべきことをやっていなかったからだと気がついた。書き残したこと、書きたいことがたくさんあるが、長時間のパソコン作業で頭痛になってしまい、結局できず仕舞いだった。
今回、ブルーライト対策を行って、頭痛とおさらばできた。これからは集中して作業できるようになる。

ということで、自分のやり残したこと、やるべきことを紙に書き出して、片っ端から片付けることにする。もちろんやりたいこともやってゆく。あと2月、死に物狂いで作業して片付けてしまいたい。オーストラリア前に、2週間から1月ほどのツーリングに出たかったが、そんなことしている場合ではなくなった。自転車で走りたいのをグッと堪えて、作業に没頭することにする。

オーストラリアに行ってから好きなだけ走ることができるようになる。

よし、憂鬱な気持ちを捨てて、自分のやるべきことをやってゆくとしよう。

 

おわり

日記
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険