キャンプ場を出ることなく一日を過ごす

こんにちは。からあげです。

 

Darwinからひたすら南下して、荒野の中にあるTennant Creekという町までやって来た。ここ最近走り詰めだったためか、かなり体が疲れている。そこで町のキャンプ場に泊まってゆっくり休むことにした。本当はできるだけキャンプ場に泊まりたくない。ドアを閉める音、人の話し声、車の音などが耳障り。しかも珍しいサイクリストとあってはジロジロと見られる。

キャンプ場へは体を休めに来ているので、他の客とは目を合わせないようにして淡々と過ごす。どこから来て、どこまで行くのか、といういつも同じ内容の会話は飽き飽きしている。他人に振り回されず、一人でダラダラと過ごす。

昨晩は夜遅くまでスマホで動画を見ていたため、寝起きはかなり悪い。それなのに起きるとすぐに動画を見始める。おいおい、スマホ中毒になってしまったか?まあでも、たまにはいいだろう。

朝の風景

他人を空気のように感じて生活するセーフモードに移行中。
大して楽しくない会話など不要。私には休みが必要。

町中で暮らすと常にセーフモード状態。人気のない山奥に行くと野生モードに入る時もあるが、飛行機の音を聞くと元の状態に戻ってしまう。

このキャンプ場、Hwyから離れているので道行く車の騒音が少なくて多少は過ごしやすい。道路脇だと大型車の爆音がかなり耳障り。周囲が静かな分、余計に煩く感じる。

昨日の飲みかけのコーラを飲もうと冷蔵庫を開けてみると、置いたはずのコーラが見当たらない!やられた。コーラを盗まれた。

昨晩、寝る前にコーラを飲んだ時、袋に入れずにそのままむき出して置いてしまった。チクショー。人の楽しみを奪いやがって。

10時前に遅い朝食を食べることにする。
これはカレーの缶詰。プルトップ式ではなく、缶切りが必要なタイプ。

持ってて良かった缶切り。今どき先進国で缶切りが必要な缶詰が売っていること自体珍しいだろう。日本でもあずきの缶詰だとかたまに必要な奴がある。

玄米を炊いたあと、フタを開けた缶詰を温める。
缶が大きくてゴトクに乗ってくれた。

カレーライスの完成!!

もうお腹ペコペコ。マイルドなカレーが旨い。ご飯が進む君。

食後は延泊の手続きのついでにガソリンを補給する。なんと、このキャンプ場には給油施設がある。受付でうーうー言ってお願いしてポンプを動かして貰う。町のガソリンスタンドより高めだが、少量なのでそんなに違いはない。キャンプ場から出ずに済ませられるのは非常に便利。

売店もジュースからお菓子、食べ物類と充実していて外に出て行く必要がない!

自転車に日差しが当たらないように定期的に移動させる必要あり。この程度ならお安い御用。

今日も延々スマホで動画を見続ける。その合間に卵を茹でて食べる。タンパク質補給にピッタリ。

こうして無駄な一日は過ぎてゆく。
2日泊まっただけでもう結構。無駄な車のドアの開け閉めほど人を苛つかせるものはない。なんで一度に用事を済ませられないのか?ひょっとして開け閉めするのが趣味なのか?きっとそうに違いない。それでなければ、なぜあんなに頻繁にドアを開け閉めするのか説明が付かない。車依存型のオートキャンパーはやはりどこかおかしい。

さあて明日は出発するので、早めに寝るとしようか。

走行データ
Tennant Creekのキャンプ場で休養
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険