90マイル直線区間を抜ける

こんにちは。からあげです。

 

広大なオーストラリアを自転車で漕いでいると、不思議と日本が恋しくなってくる。どこに行くにも頑張って漕がねばならず、本当に嫌になってくる。ああ、20,30kmも漕げば、次の町に辿り着く日本が懐かしい。日本に戻ったら、しまなみ海道や剣山スーパー林道を走りに行こう!あとは南アルプスも縦走してみよう。そんなことを思うようになった。

今朝はオーストラリア初となる氷点下を記録した。
夜やけに寒くて寝袋に入っているのに体が冷えてくる。しまむらのパッチを履いて温かくなろうか、とは思うもののカバンから出すのが面倒臭くて、結局は寝袋で縮こまったまま夜を過ごした。

テントから抜け出すと、肌を刺すような寒さに襲われた。自転車カバーを見ると、薄っすらと凍っているではないか!どおりで寒かったわけだ。これまで指がかじかむ寒さは何度かあったが、氷点下になったのは始めてだった。

いつもの格好にフリースとカッパのズボンを着用して出発する。さすがにハーフパンツでは寒すぎた。始め頑張って高回転で漕いでいたが、全然体が温まって来ない。

日が昇ってしばらくすると、ようやく体の震えは収まり温まってきた。日が上るにつれて次々と服を脱いで、いつもの薄着になっていった。

道路脇の放置車両。なぜか燃えている。
付近の草木は燃えて灰になっている。

なぜ燃えてしまったのだろう?

今日のとりあえずの目的地Balladoriaまであと50km。今日は相変わらずの向かい風だが、風が弱くてそれほど影響はなし。
このまますんなり行けそう。

Woorlba Homestead

廃墟跡。どこにも建物は見当たらず。すでに朽ち果ててしまったようす。

カワイイ小人さんがたくさん並んでいる。

どこまで行ってもまっすぐの道。
オーストラリアでは直線区間が多いので、ココが特別長いという感じは全くしない。

おお、ついにカーブの標識が現れた!
長かった90マイルの直線区間は終了!!

90マイル直線区間の標識

サイクリストにとっては記念撮影ポイント。道行く車はそのまま素通りしてゆく。1時間半もあれば通過できるものだから、何の達成感もないだろう。

便利になればなるほど、つまらなくなってゆく世の中。

なんでも程々がいい。スマホとPCはあってもいいかな。電子レンジはコンビニに置いてあるようなダイヤル式の温めるだけの単機能。洗濯機は二層式。しゃべる炊飯器は要らない。鍋で十分。テレビは不要。ラジオがあればいい。

驚くべきことに、見通しの良い直線区間にも関わらず死亡事故が起きているようす。道路脇にひっそりと立つ十字架を見た。基本直線だが、多少のアップダウンがあり見通しの悪い部分がある。

人間は単調な道を長時間高速走行すると、精神に異常を来すように思える。実際、これまでオーストラリアを自転車で走ってきて肌身で感じた。この件は帰国後、言葉を選んで冷静になって書きたい。

長かった直線区間とお別れ!
もう二度と走ることはないだろう。なんだか寂しくなってくるな。しかし、まだまだ行きたいところが他にある。

直線区間が終わってホッとすると、なんだか急にお腹が空いてきた。
脇道に入って静かなところで早めの昼食をとる。

今日の昼ごはんも、朝炊いた玄米ご飯にラーメンとじゃがいも入り。芋が手に入って食事が豪華になった。

ほんと天からの授かりものだったな!

食事を終えて道路に復帰すると、なんと追い風に変わっているではないか!ようやく運が向いてきたな。こういう時は流れに乗った方がいい。

追い風に乗ってBalladoniaに向かって走る。
一気にスピードアップだ!

一番嬉しい標識がロードハウス5km手前のもの。
思わずガッツポーズをしたくなる。

ちょうどお昼時にBalladoniaに到着!

レストランに直行したいところだが、まずはトイレで身なりを整える。

凄いリアルだな。

ハンバーガーを注文して待っている間に隣のBalladonia博物館を見学する。

いよ、待ってましたデラックスバーガー!

あれ?見た瞬間テンションが一気に下がる。想像していたのと全然違う。これで16ドルとは。

ナラボー平原のロードハウスで一番旨かったのは、 Nundrooのナラボーバーガーだったな。20ドルと高かったが、旨くて量が多くてお得感があった。

ハンバーガーの持ち帰りは止めて、パンと水を購入した。
パンは4.5ドル。ミネラルウォーターは1.5Lで5ドル。
水は全部で12L。ナラボー平原出口のNorsemanまで約190kmで2泊3日の予定。一日4L計算。途中での補給場所はなし。

今日は朝は晴れだったが、しだいに雲が出てきて肌寒くなってきた。暖房の効いていないレストランでは寒くて全然くつろげないので、先に進むことにした。自転車に乗っていた方が遥かに快適。

前カゴの上にパンを乗せるのは、なんだか非常に久し振りに感じる。Cedunaを出たのは5月16日。すでに10日以上経っている。よくもまあ休養日を取らずに、毎日自転車に乗っていられるな!

Norsemanに着いたら、絶対休みをとるぞ。

Norsemanまで192kmの表示。

今は遠く感じるが、ペダルを一踏みする毎に確実に距離は縮まってゆく。ナラボー平原の終わりまであと少し。

Balladoniaを出てから多少のアップダウンがあるようになった。久し振りの上り坂の感触。追い風はいまだ継続中でペダルが軽い。

道路が一段高くなった位置になり、道路外に出ると斜面を滑り落ちて行きそうになる。水はけが良くなるようにしているのか?

今日も日没前になると、風が止み交通量が減ってきた。
明るいうちで一番走りやすい時間帯。しかし、今日は太陽が道路上にあって非常に眩しい。

すでに100km以上走っていたこともあり、脇に逸れて道路脇でテントを設営した。重機が入ったあとのようで、平の地面に下草が全然生えていなかった。(実は洪水の時に水が流れた跡)まさに野宿適地!

相変わらず大型車はジェットエンジンのような音を立てて通り過ぎるので、今日も耳栓をして眠る。

明日はNorseman目指してペダルを漕ぎ続けるのみ。早ければ明後日到着の予定。早く町に着いて、好きなだけダラダラしたい。ナラボー平原では限定的な補給しか出来ないのでゆっくりできない。

よし、そろそろ寝るか。今晩もよく冷えそうだ。

走行データ
Balladonia手前70km〜Balladonia(食事・休憩、水12L持つ)〜Balladonia過ぎ30km
走行距離109km、走行時間7h10m、Av15.1km/h、Max28.3km/h
ねぐら 道路脇
 
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険