高速バスに乗って成田空港に向かう

こんにちは。からあげです。

 

いよいよ始まるオーストラリア編。

昨晩は、ジャッキー・チェンの酔拳2を観たためか、無駄にテンション高くなってしまってなかなか寝付けず。おっさんはカンフーものが意外に好きで、ジャッキー・チェンでは酔拳2が好き。ストーリーは吉本新喜劇同様にワンパターンだが、華麗なアクションに何度観ても引き込まれてしまう。酒飲みだったころは、真剣に酔拳使いになりたいと思っていた。

今朝は4時前に起きて準備を始める。
朝食をもってしばらく玄米が食べられなくなる。
よく噛んでゆっくり食べた。

現代の海外旅行の3種の神器。

パスポート、スマホ、クレジットカード。一番重要なアイテム。
これだけは絶対忘れないように何度も確認を行う。

今回、クレジットカードはデビットカードのマネパカードを含めて4枚投入する。新規作成のエムアイカードが主力とした布陣。年会費5000円払うだけあって、付帯の海外旅行保険は高額のほか空港ラウンジなどのサービスを受けられる。サブカードは、三井住友 VISAクラシック。付帯の海外旅行保険は少額だが、キャッシング枠が断トツの50万円でなかなか頼もしい。

4枚あれば、1,2枚くらいATMに飲み込まれても大して問題なし。

今日はまだ2日の早朝とあって、学生の姿はほとんど見られず、名鉄の車内はガラガラで快適だった。
駅を出ると冷えた空気に包まれた。

昨晩の冷え込みはかなりのもので、朝起きたら霜が下りていたほどだった。

高速バスの出発までまだ時間がありすぎるので、記念撮影して遊ぶおっさん。待ちに待ったオーストラリア出発の日となり、いつになくごきげんだった。

東京新宿行きの高速バス乗り場は、名古屋駅から徒歩15分ほどのところにある笹島ライブ付近。ちょっと遠くて歩くのが面倒臭くなる距離。

バス停にはトイレがないので、名古屋駅で済ませておくか、近くのコンビニで借りることになる。心配性のおっさんは途中でトイレに行きたくならないように、何度もコンビニでトイレを借りて用を済ませた。

出発してしばらくしておやつに持ち込んだパンを食べる。
朝から1時間近く歩いたため、小腹が空いた。

まだ春休み中のため、車内には高校生と大学生の姿が目立つ。
さすがにビジネスマン風の人間はおらず。働き盛りのおっさんは私のみ。

自由人はいつだって孤独な身だ。孤独と引き換えに自由を手にした。

道路が空いていたためか、バスは予定通りに新宿バスタに到着した。やはり昼行便は疲れなくていい。朝方到着して寝ないで遊びに行けるのは若さがあるおかげ。中年になると、寝不足になるとすぐに体に現れる。昼行便は概ね割高だが、早めに予約しておくと、夜行便とほとんど同じ激安運賃で来ることができる。

今回の片道は2,100円。

今日の新宿は心なしか人が少ない気がした。
ただ単にまだ時間が早いだけなのか?

だが、すでに1時を過ぎているが。

松屋で昼食をとる。カウンター席は満席で5分ほど待たねばならなかった。一人が席を立ち、しばらくすると立て続けに何人かが店を出ていった。

間が悪い時はあるもんだ。

東京駅から成田空港直通のバスに乗ってゆくのだが、時間に余裕があるため、歩いて東京駅に向かう。
空港に早く着きすぎてもやることがないので、そこら辺を適当に彷徨こうと思った。

やって来たのは新宿御苑。なんだか入り口に人だかりが出来ている。理由はアルコール持ち込み禁止で手荷物検査をしているから。

面倒臭い手荷物検査を終えて待っていたのは、券売機に並ぶ人の行列。入場料大人500円。

おい、人を馬鹿にしているだろう。

アホらしくなったので、回れ右をしてすぐに出て行った。
本当に東京人は行列が好き。

新宿御苑の外周の遊歩道を歩く。ここは無料エリア。
人気がなく快適。

東京で一番不便なのが立ちションが気軽に出来ないこと。
常にひと目があるのでやりづらい。ションベンくらい好きな時にさせてくれ。一瞬の空白時間をついて、茂みの方で用を足した。ああ〜スッキリ!

あと東京の中心部で困るのが買い物。
小奇麗なコンビニしかなくて、買い物がしづらい。
去年北海道を出てからというもの、私はコピー・プリント以外ではコンビニに立ち寄らず。セイコーマートは特別だった。

Google Mapで探してやって来たのは、町の中に隠れるようにしてあるスーパー。ここで今晩と明日朝の食料を適当に購入しておいた。飛行機内で食べるものは空港で調達する。

東京都内はすでに桜の見頃のピークが過ぎていた。
名古屋はまだ少し先だというのに。首都圏だけ熱気が籠もっていて気温が高く開花が早まったのか?

何度も足を止めて桜を見物する。散りゆく桜を見るのもいいもんだ。年中咲いていたら、感動もないもないだろう。なんでもそう。

皇居周辺の桜も散りかけの途中で、花見をしながら歩道を歩く人が多かった。国会図書館が近いが、行くと長くなるので止めておいた。

無料の国設漫画喫茶があるところだけ、東京が羨ましい。
私だったら、毎日入り浸りになるだろう。

皇居周辺はいつもと比べて警備が強化されている。

なんだろう?行ってみると、乾門が一般公開されているそうな。
まだ時間がある。行ってみよう!

皇居内に入る前に手荷物検査と金属探知による検査が行われる。

今回の一般公開は、昨日の新元号発表に合わせて行ったのではなく、前回好評だったから再び一般公開することになったんだとか。確か4月7日までだったかな?物好きな暇人は行ってみたらいいだろう。ただし、自転車は押しても中には入れない。

これなんとか門。乾門ではなし。

ゾロゾロと暇人が中に入ってゆく。

奥に入るにつれて人が多くなってきた。
外国人観光客の姿も多い。日本人と半々くらいか?
皇居内の桜はちょうど見頃を迎えていた。

宮内庁の庁舎。以前テレビで観たことがあるな。

皇居内は自撮り棒の使用禁止。
上から写すなんて神様に失礼だろう、ということか。
正直、なんで駄目なのかよく分からん。

多分ドローンもだめ。聞くまでもない。
東京はやたらと禁止看板が多くて白ける。
せっせと働いて税金だけ納めろということか。

お金を貰っても東京には住みたくない。

これ、おそらく新型コーン。下半分を肉抜きすることによって、軽くなって20個重ねて持ち運べるとか。このコーン、まとめて持つと多分相当重たい。

コーンマニアの多い東京には役立つかもしれないな。

乾門の方までゆくと、遠回りになるため、途中で曲がって大手門の方に出てきた。

やれやれ、一時はどうなることと思ったぞ。

アスファルトの上を歩くと疲れるので、歩くのは程々にしておこう。

東京駅までやって来ると、日がすっかり沈んで寒くなってきた。
おまけにパラパラと雨が降り始めた。

東京駅周辺はすっかり小奇麗になってしまったな。ホームレスの姿はどこにも見られず。

桜並木の通り

歩行者天国にしてゆっくり花見できるようにしたらいい。

成田空港行きのバス、東京シャトルのバス乗り場。
東京駅から離れていて分かりづらいが、スマホがあれば問題なし。スマホがないと3倍の時間がかかったことだろう。

バスの乗客は外国人率がやけに高い。
特に中国人の数が多かった。

日本にいるのに、まるで外国にいるような錯覚に陥る。

バスは1時間ほどで成田空港に到着した。
都内を抜けたら、道が空いてスムーズに流れた。

空港に着く頃になると、日がすっかり沈んで暗くなっていた。

第2ターミナルでバスを下りた。
外国人の多くは第3ターミナルで下りて行った。

寒いからさっさと建物内に入ろうか。

空港内に一歩足を踏み入れると、様々な言語が飛び交い異国情緒があふれるようになる。出国する気分が一気に高まってきた。

ラッピングサービスでは、大きなスーツケースを持った外国人が並んでいた。

空港内にユニクロあり。

名古屋で買わずにここで買えば良かったかな?
アウトドア用のウエアはユニクロで十分。ブランドものは高価でまるでオーバースペック。

3F出発ロビーは閑散としていたが、1F到着ロビーに下りてくると外国人観光客でごった返していた。

案内板を持って待つ人は観光会社のガイド。

手に様々な言語のプレートを持って高く掲げていた。

出発は明日の夜8時過ぎだというのに、前日空港で泊まることにしたのは、快適な休憩室があるから。

第2ターミナルの北側にウェイティングルームという名前の待合室がある。ネットの情報によると、しっかりと休めるように横に慣れるベンチと畳敷きのスペースがあるという。

さあ、やって来たしたよ、ウェイティングルーム。第2と第3ターミナルの間にひっそりとある。

中に入ると広々としたスペースが広がっていてひと目で気に入った。みなゴロンと横になったり、椅子に座って静かにスマホをいじったりしている。

畳敷きのスペースで一夜を明かすことにした。
ちょうど新年度が始まったばかりで空白時期のようだ。

人が少なくて快適に泊まることができる。

早速荷物を広げてゆっくりする。
今日は朝から歩いてくたびれた。

人の多い東京に出てくるとどっと疲れが出てくる。最近、実家の物置に引きこもっていたから、余計に人混みが鬱陶しく感じる。

それにしても、この休憩室は快適過ぎる。室内が明る過ぎるが、ここなら一人の女性客でも安心して休めるだろう。耳栓がいらないくらい静か。首に巻いたタオルをアイマスク代わりにして眠れば、朝まで熟睡間違いなし。

さあて、そろそろ休むことにしようか。明日は好きなだけ寝ることにしよう。

 

おわり

現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険