ようやく体調が良くなってきた

こんにちは。からあげです。

 

狭い飛行機内に長時間閉じ込められ、ダンボールがボロボロで精神的なダメージを受けたまま空港から放り出されたのはつい先日だったが、早くもおっさんの体力が回復し始めてきた。

静かな場所で野宿したことと、食べ慣れている玄米を食べたことで早めに回復してきたようだ。

昨晩の野宿場所はひと手間掛けただけあって、朝まで邪魔をされることなくゆっくり休むことができた。時計の時差修正をやっていたのに、いつの間にか時間が戻っていて、出発するのが遅くなってしまった。

9時頃にねぐらを出発する。朝から高速道路は結構な交通量がある。どの車も100km以上のスピードで飛ばしているが、路肩が広いため全然怖くない。

ドライバーがよそ見や居眠りをせず、ただ前を向いてハンドルを握っていてくれさえすれば、高速道路の走行は全然危険じゃない。合流さえ気をつければ問題なし。

直線道路で変化が乏しいので、走り始めて30分もしないうちに飽きてきた。看板を眺めて暇つぶしをする。

途中、サービスエリアに寄ってゆく。
入り口に料金所みたいなガソリンスタンドがある。
自転車は端の方を通過する。

インフォメーションでGreat Ocean Roadなどの地図をもらう。
親切なおばちゃんが対応してくれ、水は持ってるの?などと言ってくれた。野生のコアラが見られる場所を教えてもらったので、運が良ければワイルドコアラを見られるかもしれない。

インフォメーションを出て隣のお店を覗いたのだが、冷えたジュースが5,6ドルとトンデモナイ値段で、買う気に全然なれなかった。

仕方ないので、トイレでペットボトルに水を汲んで飲む。
冷えてなければ、2,3ドルという手が出そうな価格なのだが、冷やしてあると倍以上になる。

O型変換プラグのテストを兼ねてコンセントで充電させてもらう。USB充電器は変圧器が要らないのがいい。

テスト結果は良好。気が引けるので、少しだけ休んで店を出た。

退屈な高速道路ともここでお別れ。
これからGeelong経由でQueenscliffに向かう。

道路脇でウエスを拾う。
自転車掃除するために欲しかったところだった。
これで毎日気兼ねなく掃除できる。道路でウエスを拾っていけば、無理に着ている服をウエスに下ろすことはない。ちょうどごみ拾いにもなっていい。

高速道路を出ると、路肩が一気に狭くなり走りづらくなった。
抜いてゆく車は距離を開けてくれているものの、かなりのスピードが出ているので後ろが気になって仕方がない。

側道を通りながら中心部までやって来ると、ようやく自転車レーンが現れた。

Geelong中心部にあるショッピングセンターに入る。
クーラーが効いていて非常に涼しい。

昨日から自作サンダルを履いて自転車を漕いでいる。
足が蒸れなくて快適だが、つま先が当たって痛くなってくる。
歩いていれば、つま先が当たらないのに、ペダルを漕いでいると当たるようになる。

ショッピングセンターが巨大で中で迷ってしまう。
何度も同じところを行き来しながら出口を探した。
建物の構造が入りやすいが出にくくなっていた。

街の中の大きな教会に寄る。
全然宗教には興味がないのだが、建物に惹かれてしまう。

中に入ってゆくと、体ががっしりとした神父さんに話し掛けられた。サングラスを外していると、日本人と分かりやすいみたいで話しかけられることが多い。

巨大な踏切。
停止のバーが片方だけのため、やけに長い。

駅まで来たのは、Bellarine Rail Trailというサイクリングロードを走るため。South Geelong駅が始点となっている。

駅のプラットホームに駐輪場がある。
空いていれば自転車ごと乗れるサイクルトレインとなっている。

駅の横に大きな駐車場があって、車でやって来て電車で出かける人も多いようす。Melbourneのような大都市に行くなら、電車で行った方が便利なのだろう。

駅前の有料駐輪場。丈夫な金網で囲われていて、鍵を開けないと入れない仕組み。

中にはスポーツ自転車のほか、普通の自転車も停められていた。
長時間停める時はこちらにしているのか?

駅からしばらくは道が分かりにくくウロウロして道を探した。
そのうち一本道になり地図を見なくても走れるようになった。

Bellarine Rail Trailは廃線跡に作られたサイクリングロード。一部未舗装の区間があるが、締まっていて走りやすい。

途中、道路を横切るので、一旦停止して安全確認を行う。
交通量が多いところは押しボタンの信号機が設置されている。

Australiaでよく見かけるGive Wayの標識。
優先道路を横切るので道を譲りなさい、みたいな感じ。

道は未舗装区間に突入。
両脇に木が生えていて木陰があるため、非常に涼しく走れた。
しかも強い追い風で軽くペダルを漕ぐだけでスイスイと進んだ。

途中、このような東屋も整備されている。

ここは水飲み場もある豪華な休憩所。

多分下の水道はペット用。
下の蛇口から水を汲んでペットボトルを満タンにしておいた。

植物人間?夜に見たらドキッとしそう。

ここから線路が現れた。10年、20年くらいではなく、随分前から廃線となったようす。すっかり荒れ果てて、線路の間から木が生えている。

Geelongから20kmも走った割に全然疲れていない。
こういうサイクリングロードは変化に飛んでいて走っても全然疲れない。高速道路とは大違いだ。

始めは冴えないサイクリングロードだったが、徐々に楽しくなってくる。気がつくと周囲は広大な牧場の風景が広がっていた。

道路から離れると、非常に静か。
走っていてとても楽しい。

そろそろ日没が近づいて来た時、いい感じの駅の跡にたどり着いた。周囲に民家はなく人通りは皆無。

貨物列車の影にテントを設営した。
昨日は人が来なくて落ち着けたものの、車の音が煩くて耳栓をする必要があった。今日は耳栓なしで眠れる。

 

走行データ

昨日Melbourneを出てPort Phillip Bayに沿って走ってきた。
現在位置はQueenscliffの少し手前。
明日はいよいよGreat Ocean Roadに入る予定。

本日の走行距離 66km
ねぐら     廃線駅の跡

 

おわり

現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険