嵐を呼ぶおっさん

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

今回の台風21号は、勢力を保ったまま日本海を北上し、日本列島に重大なダメージを与えて去って行った。私も例外ではなく、厳しい一夜を過ごす羽目になった。

昨日泊まったのは、苫小牧郊外の道の駅「ウトナイ湖」付近のとある施設の軒下。広大な軒下にウッドデッキがあって、二方向を壁に囲まれて安全かに見えた。しかし、いざ台風が来てみると、風雨にさらされることになり、全然寝ている場合ではなくなってしまった。

風雨が強まってきた夜半過ぎ、私の予想どおり横から雨が吹き込んできた。今さら移動する訳にもいかず、濡れた寝袋に入ってじっとしていたところ、強烈な風が吹いて一瞬体が浮いた。その次の瞬間、私はウッドデッキに放り出されたのだった!

気がついてみると、下に敷いていたシート、マットのほかに上に掛けていた寝袋も飛ばされて、ウッドデッキに直に横になる形となった。状況がようやく分かると、飛ばされた装備品を回収しに行ったのだが、近くに落ちていた寝袋しか見つけることができなかった。ヘッドランプの明かりだけでは探すのは難しいし、風がかなり強かったため、外を歩き回って探すのは危険と判断し、軒下に戻って明るくなってから探すことにした。

しばらくは体育座りをして壁に持たれかかり、寝袋を掛けてじっとしていたのだが、体力を消耗してしまうことが分かり、直に寝袋の中に入って眠ることにした。

 

しばらく眠って4時に起きると、まだまだ風が強い状態が続いていて、飛ばされた時とは逆方向の風が吹いていた。荷物をまとめてカバンに括り付けて、薄明るくなった周囲を歩いて探す。一通り周囲の駐車場を探してみたが、どこにも見当たらない。

自転車のところに戻って、ふと反対側をみると、トタン板の下敷きになったシートを見つけたのだった。非常にラッキーだった。飛ばされた瞬間は寝ていたため、飛ばされた方向は見ていない。それなのに、すぐ近くに落ちていて見つけることができた。

よし、次はリッジレストのマットだ!

マットは植え込みの影の側溝の中に落ちていた。軽いものだから、遥か遠くまで飛ばされてしまっているものと思っていたが、意外にも近くに落ちていたのだった。

シートとマットを買い直すと、少なくとも5,000円以上はする。見つけることが出来て非常にラッキーだった。

夜中ガラガラという大きな音がしていたのは、屋根のトタン板が剥がれて下に落ちた音だった。

こんな大きなトタン板が直撃したら、ただでは済まないだろう。最悪あの世行きとなってしまう。荒れ狂う暴風のなか、私はじっとして夜が明けるのを待つことしか出来なかった。

周囲は葉っぱだらけとなっていた。
周囲の木が凄くしなっていて、折れるんじゃないかと思った。

それにしても凄い風だった。北海道の台風は、それほど風が吹かないと思っていたが、今回のように一旦は上陸したものの、直ぐに日本海に出て海上を北上したので、強い勢力を保ったまま北海道までやって来たのだった。

5時過ぎ、荷物をまとめて出発する。

本日の目的地は札幌。言わずとしれた北海道の道庁がある最も大きな町。前回の旭川の献血から二週間が経ったため、札幌に寄って献血することにした。

函館ですることも考えたが、また失敗されてはかわなないので、無難な札幌で行うことにした。

国道に出ると強い追い風が吹いているため、時速30km/hという原付なみのスピードで走行することができた。風が強い今がチャンスだ。このまま国道36号線で札幌にゆく。

時おり突風のような横風が吹いてバランスを崩しそうになるので、バックミラーを頻繁にチェックして大型車に注意した。路肩には葉っぱや木の枝がたくさん落ちていたため、バランスを崩さないように避けて走った。

あちこちで台風の傷跡を見ることができた。これは根こそぎ倒れてしまった木。しっかり根を生やしていたが、自分を支えることができなかった。見ると数十年以上は経っているような木に見えた。

屋根が飛ばされた工場

かなりのトタン板が飛ばされていた。

この先の倒木が道路に覆いかぶさってしまっているため、パトカーが出て交通整理しているところ。

朝早くから、チェーンソーで倒木処理している音がする。

 

増水した漁川(いざりがわ)

まっ茶色の水が流れている。私のいたウトナイ湖ではさほど雨は降らなかったのだが、上流ではかなりの大雨だったに違いない。

恵庭(えにわ)の道の駅に寄って休憩しているところ。

駐車場は車中泊の車で埋め尽くされていた。どこを見ても車中泊のジジババばかり。札幌に近すぎず、遠すぎない絶妙の場所にあるため、人気があるのだろうか?

札幌ドームの前を通りがかった。
朝6時から開門されて、外の公園を散歩することができる。

ここはプロ野球の日ハムとサッカーのJリーグのコンサドーレ札幌の本拠地だ。

札幌といえばすすきの、というくらい有名な繁華街。
高層ビルが立ち並び、きらびやかなネオンが光っている。

昔はこのような夜の町を飲み歩いて散財したんだったっけ。

献血に行く前に松屋で食事をしておく。

そこそこのボリュームがあって手頃な値段が魅力の朝定だ。

すすきの交番

親しみやすい看板が設置されている。夜はかなり忙しそうだな。

札幌の町にはJRと地下鉄のほか、路面電車も走っている。突然現れた電車に興奮してしまった。

北海道は函館・小樽など、路面電車が走っている町が多い。

札幌の中心部を流れる豊平川も増水していた。

河川敷のところどころが水に浸かっている。

大通り献血ルームの前に自転車を停めて献血にゆく。エレベーターで11階に上がり献血ルームに入る。3年前もここに来た記憶がある。

北海道に来てからは、消毒液付きのガーゼで拭く前に、自分で腕を洗わせられるようになった。北海道は衛生面に特に厳しいのかと思ったら、そうではなかった。自分の今の身なりでは、とてもではないが清潔とは言えない。遠回しに「汚いから洗ってください」と言われただけだった。

自分で洗ったあと消毒液付きのガーゼで拭いてもらったのだが、垢が出て来るらしくかなりしつこく拭かれた。看護婦さんはさぞ呆れていたことだろう。

献血が終わると、読者の方と待ち合わせをして昼食を食べに行くことになった。なんでも私の大ファンだと言う。前回の時も何度も足を運んでくれたようだが、結局会えずじまいだった。今回も来て頂いたようだが、時差更新のために会うことは出来なかったようだ。

何度も足を運んで頂いて悪いことをした。こんなおっさんのために。

やって来たのは、サッポロファクトリーのレンガ館。

ここでジンギスカンの食べ放題を食べられるという。疲れた時には肉が一番。

入口の表示

外壁のレンガには蔦が生えていて味がある。

建物内は、レンガ造りの高い天井のある部屋となっている。各テーブルにはジンギスカン鍋が設置されている。

いっただきまーす!

良質な肉で美味かった。こんな贅沢なもの食べていいのだろうか?どうもご馳走様でした。読者の方に奢って頂いた。

食事後に読者と別れて、札幌市内を観光することにした。

ここは旧道庁のレンガ造りの建物。非常に重厚で年代を感じさせる。北海道遺産に指定されているそうな。

建物の入口

中と外は中国人でいっぱい。自撮り棒を駆使して、あちこちで記念撮影を行っている。

壁には大きな絵画が展示されている。

テレビ塔の前で記念撮影をする。今回は自転車であるため、かなりの充実度がある。

テレビ塔の下まで行ってみると、小学生でいっぱいだった。社会見学をしているのだろうか?

テレビ塔のある大通り公園は、平日の昼間だというのに、観光客に混じって地元の人が休憩している。札幌市民の憩いの場となっているようだ。

空のドス黒い雲は晴れつつある。台風通過後、気温と湿度が上昇して過ごしにくくなってきた。

時計台は工事中で中を見学することはできなかった。

結局、今日はご厚意に甘えて、読者の自宅に泊まらせて貰うことにした。

去年のアメリカのPCT以降、人の好意は受けておいた方がいいと思うようになった。以前の私は他人に一切の借りを作ることをしなかった。なんでも自分で解決して他人を頼らない。

頑なに拒否するのは良くない。好意はありがたく受けようという心境の変化が起きたのだった。

読者の自宅にお邪魔する。

汚いカバンなので気が引けた。雨に濡れて湿っぽかった寝袋は外で叩いて広げて乾かしておく。寝袋が飛ばされたら、野宿旅を続けることはできなかった。危ないところだった。

サインをお願いされたので、心を込めてサインをさせてもらった。こんなものでいいのだろうか?

今後のメジャーデビューに備えてサインの練習をしておいた方がいいかもしれない。もう少し字を崩してサインぽくしたいな。

食前のデザート、スイカをごちそうになる。小ぶりのスイカながら、甘さは十分だった。

晩御飯は銀の皿の寿司。またまたごちそうになってしまった。

数日泊まってもいいと言われているので、非常に悩んでしまう。このままお世話になって札幌の町を見て回るのも悪くはない。ちょうど台風が通過して天気がいい。それに自転車のクランク周りからカチカチという音の出る原因を究明しなければならない。

とりあえず、今日はもう寝よう。風に翻弄されて3,4時間しか寝られなかった。

今日はたっぷり寝るぞ!

 

おわり

コメント

  1. 白山室堂御前荘 より:

    昔はこのような夜の町を飲み歩いて散財したんだったっけ。

    > その時代のエピソードもお願いします。隊長さんは、もっと肉や野菜を食べて、ガンガン献血をして、震災で元気のない北海道の今を伝えてください!

    • karaage より:

      酒に飲まれていた時の話は気が進みません。
      もう遠い過去のことです。
      そのまま封印したいと思います。

  2. やまちゃん より:

    頑なだったからあげさんの気持ちに変化が、、

    そんなところが面白いです^^

  3. やまちゃん より:

    最近私はお風呂に入るとき軍手をして体を洗っています。頭皮や耳の裏、足の指など細かいとこまでよく洗えます。体が硬いと背中は厳しいけど、、よかったらためしてみてください^^

    • karaage より:

      どうもありがとうございます!
      良いこと聞きました。自転車では軍手ははめないので(滑りやすい)実家に行ったら試してみます。