日本海側の国道231号線がなんと大雨で通行止め!!

スポンサーリンク

こんにちは。からあげです。

 

北海道は今日も雨だった。雨降りツーリングの訓練をしているのか?自分でもよく分からない。カッパを着ていても結局ずぶ濡れになるのだが、カッパを着ないと体温が逃げて体力を無駄に消耗する。そう、保温目的で着ているだけだ。

靴はいつになったら乾くのやら、全く予想も付かない。一日を終えて靴下を脱ぐと足がふやけてしまっている。本当にどうにかならんもんなのか?

今日は5時過ぎに起きると、昨夜たくさん降った雨はおおかた止み、霧雨のような雨が降っていた。
広い軒下でテントは全く濡れずに快適に眠ることができた。濡れたもの乾かすために、テント内でストーブを焚くことにした。一酸化炭素中毒にならないように、しっかり出入り口を開けて新鮮な空気を取り込んでおく。
天井には収納袋やウエスなどを掛けておいた。まだ着ていた下着も生乾きの状態だったが、しばらくストーブを焚いていると、だいたい乾いてくれた。

テント内でゴソゴソ準備を始めていると、外でゴルフの練習をやり出したのにはビックリした。出勤前に練習をしているようだった。バケツ1杯のたくさんのゴルフボールを打つと、今度は元の場所に打ち返してボールを回収していたのだった。

私は気配を殺して密かに準備をし、出ていった時には誰の姿も見当たらなかった。

石狩市厚田を出ると海岸沿いの道を走った。
昨晩はかなりの雨が降ったようで、海は茶色く濁っていた。

相変わらず空気は生暖かくて気持ち悪い。走り始めからTシャツ1枚だった。

本日、サイクルコンピューターの距離計が4,000kmを突破した。
北海道に上陸した時は3,000km弱だったので、ようやく1,000km走ったことになる。

およそ20日で1000kmなので、ゆっくりしたペースだろう。

今のところ問題があるのは、キャリアの取り付けビスの緩みくらい。

カンチブレーキのブレーキシューがかなり摩耗してきて、もうじき交換するつもりでいる。勿体無いので、できれば限界まで使ってやりたい。

国道231号線をそれて旧道を走り送毛峠を越えることにした。
ナラの大木があるということで、寄ってみる気になった。
始めは良かったものの、坂の傾斜がきつくなり、たまらず自転車を下りて押すことになった。

周囲は霧に包まれて静まりかえっていたのだが、前方にゴソゴソしている生物を発見した!

なんだろう?

静かに近づいてゆくも、相手は全く気づかずに夢中で何かを食べている。

2mくらいまで近づいたところ、ようやくおっさんに気づき振り返った。

なんと、タヌキだった!

間抜けなやつめ。私を見ると1秒ほど考えて、ゆっくりと逃げてゆくのだった。こんなんでよく野生の世界で生きていけるな。
タモ網があれば、捕まることができただろう。

舗装路から未舗装路となり、さらにきつくなってきた。
最近の雨で路面は荒れていて非常に押しづらかった。

送毛峠に到着!

標識はなし。深い霧に包まれている。この先に千本ナラがある。
よくこんな山道を上って来たな。トンネルを抜ければ、距離を稼ぐことができたであろうに。

千本ナラの木

途中でいくつにも枝分かれして見事なナラだ。
森の中で一際目立つ存在となっている。深い霧に包まれて幻想的な雰囲気だった。

とにかく凄い。近くに立っているだけでパワーを貰えるような気がする。

健康を祈願するしゃもじがあちこちに取り付けられている。
マジックで願い事が書かれている。

健康は人から与えられるものではなく、自分で手に入れるもの。横着するんでない!

下りは馬鹿みたいに急で、ブレーキ掛けっぱなしにして下りてきた。雨で濡れると、もともと効きのよくないブレーキがより一層効かなくなる。

自転車はオートバイのようにエンジンブレーキがないため、非常にブレーキの効きが悪い。オートバイでクラッチを切って坂を下ることを想像して欲しい。オートバイはどこまでも加速して坂を下り続けて怖い思いをするだろう。

荷物満載の自転車での急な下り坂は常にそうなる。脇道から車が鼻先を出して止まられると、もう避けられない。馬鹿力でブレーキレバーを握りつつ、ハンドルで交わすしかない。避けられたらラッキー。常にそんな状態なので、下り坂では絶対にスピードを出さないように気をつけている。

 

麓の町までやって来たのはいいが、体が冷えて握力を使い果たしてもうクタクタだった。バス停があったので中で休憩させて貰った。

懐かしい学校の椅子に懐かしいアニメのキャラクターの座布団が置かれていた。

なんだったかな?ユニクロ、ウニクロ、いや違う。

 

このバス停にはバス停の標識はない。なぜだろう?と考えていたら、ようやく分かった。スクールバスのバス停だった。学校の椅子とアニメのキャラクターに納得できる。

峠を越えてかなりのタイムロスをしてしまった。挽回しようとペースをあげて漕ぎ始めると、前方の電光掲示板に通行止めの表示あり。

ん?

増毛町別苅〜岩尾 降雨のため通行止め

これから国道231号線を北上して北に向かうつもりだったのに!

電光掲示板からしばらくゆくと、ガードマンが居て道行く車を停めて事情を説明していた。参ったな。

迂回路はあるものの、かなりの大回りとなる。
なんだかPCTの山火事迂回のようになってきたな。私が行くところ、通行止めとなって迂回を余儀なくされる。

迂回の前にセイコーマートに寄って食料を補給する。

雨に濡れて冷えて寒かったので、温かいカップラーメンを食べた。寒い時は温かい物を食べるに限る。

よし、復活したぞ!

一旦戻り、国道451号線で新十津川町方面に迂回して留萌を目指す。地図で見る限り、柏木の集落を出ると、しばらく民家はなし。

国道451号線沿いを流れる浜益川はかなり増水していた。
これでは通行止めになっても仕方がない。

交通量の少ない道をひたすら漕ぎ続ける。
本日はサイクリストの姿を全く見ていない。
オートバイがたまに通るが、あっという間に視界から消えてしまう。

森の中を走っている時に雨が次第に強くなり土砂降りとなった。

どうせ汗で濡れるからとカッパを着ずに走っていたのだが、それも限界だった。あっという間に体がずぶ濡れになってしまった。

ふと道路脇に目をやると、赤いタコが見えた。ん?なんだか頭の中で雨宿りできそう。

タコの中で雨宿りする。意外に内部空間は広くて土砂降りでも雨に濡れずに休憩することができた。

階段はなくて滑り台のみ。雨に濡れて非常に滑りやすくなっていた。しばらくようすを見ていたが、いつまで経っても小ぶりになる気配は無かったため、仕方無しに出発することにした。

いつまでもタコの中にいるわけにはいかない!私はタコになるために北海道まで来たわけではない!!

またもやカッパを着ずに走っていたが、それも限界となり、店じまいしたガソリンスタンドの屋根の下でカッパを着ることにした。

タコのところでは、雨が強くバッグを開けてカッパを取り出せなかった。

ようやく町の方までやって来たが、まだまだ市街地は先のようだ。雨の中を必死になってペダルを漕ぐ。

なんで自分はこんな雨の中自転車に乗っているんだ?

ブロック造の丈夫なバス停を見つけたので、雨宿りしてゆくことにした。

ベンチが腐ってしまっていたが、雨漏りはせずに中は快適だった。ここでようやくスマホや地図を取り出して調べることができた。

ツーリングマップをを見ると、爆盛メニューの店とある。お腹が空いたことだし行ってみることにした。

直線距離では現在位置から近いのだが、石狩川に阻まれているため、遠回りして橋を渡らなければならない。

橋の上から見ると、石狩川は増水して大変なことになっていた。

閉店前の16時30分すぎ、ようやく「喫茶マリン」に到着した。

どこにも屋根がないため、その場でカッパのズボンだけ脱いで水を滴らせながら店内に入る。

店員さんから渡されたメニューの中にはからあげ定食がないため、とんかつ定食を注文した。

どこにも量が多いとは書かれていない。他のお客さんに運ばれてゆく皿を見ると、とんでもない量となっている。これは期待大だ。

これがとんかつ定食。1,080円。値段はそこそこするが、ボリュームは凄い。草履のようにデカいとんかつは食べごたえがある。

正直に書こう。味は大味。それほど美味いと言えないが、ボリュームがあるのが凄く嬉しい。

ご飯粒もベチャベチャしてて美味いとは言えないが、ボリュームがあるのが凄く嬉しい。美味しくすべて完食した。

 

この店で気になったのは、他の客がかなりの量を残していたこと。金を払うのだから、残すのは各自の自由だが、食いきれないなら少なめにしてもらえばいいだろう?なぜ分かっていて残すんだ?残飯にして捨てるために、わざわざ育てて調理したというのか?

本当にね、こういうの見ていて気分が悪い。店の方も食べ残しを少なくする努力はするべきだと思う。大盛りがサービスとは言っても、一般人では食べ切れない量なのだから、どこかに説明があってもいいだろう。

食べ物を粗末にする奴は気に入らん。
オチのない話を延々とするんじゃない。聞かされるこっちの身にもなってみろ。(聞きたくないのに、カップルの話が聞こえてきた。)

帰り再び石狩川のようすを見たが、増水して凄いことになっていた。喫茶店のニュースではあちこちで氾濫して水浸しになっている地域もあるそう。堤防道路には車が停まって川のようすを見学していた者もいた。

上流からコンテナハウスのようなものが流れてきた。

いったいどこから流れてきたのだろう?

今夜も雨が降るため、軒下で野宿することにする。
心当たりのある場所に向かう。

とある施設で非常に広い軒下空間を発見した。
今日も快適な一夜を過ごすことができるだろう。

 

こうも毎日毎日雨だと嫌になってくる。現在、台風が接近中で予報では5日夕方に最も接近しそう。このまま留萌に出て海岸線を北上するのもいいのだが、せっかくのいい道路を雨の中走るのは勿体無い。荒天を避けてどこかに避難してようすを見るのもいいかもしれないと考えている。

 

今晩いろいろ考えて答えを出すとしよう。もうこんな時間だ。さっさと寝よう。

 

おわり

コメント

  1. ゆき より:

    デカ盛りの聖地マ○○に行かれたんですね〜
    天丼はタワーでした。あした滝川なので行ってみたいです。
    明日は少し暑い模様です。
    熱中症に気をつけてください。
    セコマ、さんま蒲焼丼出ましたよ!

    • karaage より:

      あそこそんなに有名なのですね。
      個人的にはボリュームを減らしてでも質を上げて欲しいです。
      代わり映えしない味なので、量を増やしたかもしれませんね。

      さんま蒲焼丼なるものがあるのですか。今度食べて見たいと思います。