太陽の軌道を読むのは難しい

こんにちは。からあげです。

 

今回のオーストラリアツーリングで一番厳しかったのは、間違いなくTennant CreekからMount Isaまでの区間。長い無補給区間に加えて常に強い向かい風が吹いていて、重たい水・食料と風に体力を絞り取られた。

そんな厳しい状況のなか夜間走行を続けて、今日ようやくMount Isaの近くまで辿り着き、いつものように町の手前で泊まってゆっくりしている。町まで20km弱の距離で1時間半もあれば辿り着ける。ホッと一安心。ようやく朝までゆっくり寝られるようになった。

今日も1時半起床、3時過ぎの出発。
明るい月夜のもとでナイトランを開始。しばらくは車が全く通らず静かなHwyを走った。

しかし、そんな快適な走行は長くは続かず、しばらくすると鉱山に出入りするロードトレインが行き交うようになった。

1回だけロードトレインに前後から挟まれた時はドキドキものだった。後ろから来たロードトレインがスピードを落としてくれた。

夜間走行中に前後からヘッドライトで照らされると、路面がほとんど見えなくなる。ロービーム・減灯して貰っても見にくい。やはり明るいライトが必要。

夜明け前にWWⅡMemorial レストエリアに到着!
風が吹かなかったので快調に走ることができた。

キャンピングカーが多数泊まっているものの、起きている人はまだおらず静かだった。

今日は夜明け頃になると急に冷えた。
途中で脱いだ長袖シャツを着ることになるとは。

夜間走行を頑張ったご褒美にチョコレートを食べる。今回は強い向かい風で日程が読めないので、終盤まで食料を温存していた。もう食べても大丈夫♪

町が近づくにつれて交通量が増えてきた。
少し眠たいが、緊張感を持って走ろう。

Mount Isaまであと44km。

自転車注意の標識

路肩は約1mとやや広め。こんな手前で自転車注意の標識を見たのは初めて。

日が昇ってしばらくすると、いつものように風が吹き始める。
当然のように向かい風だったが、次第に風向きが変わってくる。
RAから南に方向が変わったものある。

そういえば、先日旗竿を止めていたリピート式の結束バンドが切れてしまったので、ショックコードとコードロックで固定するようにした。

試作段階ではこれと同じ方式だったが、ショックコードが伸びるのが気になって結束バンドに変えたのだった。紫外線を浴び続けてとうとう切れてしまった。

家畜運搬車のロードトレイン

周囲に家畜の糞尿の香りが漂う。眠気も吹っ飛ぶ。

鉱石を運搬するロードトレイン

力強いディーゼルエンジンの爆音が聞こえてくると緊張感が高まる。

対向車がいない時は、このように十分距離を空けて抜いてくれる。問題は対向車がある時。スピードを落として対向車をやり過ごしてから抜くのか、それともそのまま突っ込んで来るのかはドライバーに寄る。

ミラーを見て早めに判断する。危険と判断したらすぐさま道路外に退避する。ゆっくり考えている時間などなし。

ここら辺の道路は大雨に備えて盛り土をしてあって、斜面の傾斜がキツイところが多い。そのため、道路外に退避するのは危機的状況の時のみ、端いっぱいに寄ってロードトレインをやり過ごす。路肩1mほどだと微妙。あと50cmは欲しいところ。

風が追い風に変わったため、かなり走りやすかった。

橋は路肩が狭い。耳を済ませて爆音が聞こえないことを確認すると、ペダルを高回転まで回して全力で走り抜ける。

こんなところで前後からロードトレインに挟まれたら命はない。

重機のバケットを運ぶOver Size。

すんごいデカイ!

道路脇にはモコモコの紫色の花が咲いていた。
Queenslandに入ってからは花が見られるようになった。

ディスクトラッカー からあげ隊長特別仕様

からあげ隊長専用にチューンしたツーリングバイク。通常の3倍のスピードで巡航できるとか。

追い風に乗って快調に進む。
まだ早い時間でこの分なら昼前までには着けそうだった。

しかし、オートバイの多さから推測するに、町の中はかなり賑やかだと思われる。このまま町に入って落ち着かない夜を過ごすのなら、手前で泊まって静かな夜を楽しんだ方がいい。

幸い手持ちの食料・水にかなりの余裕がある。こんなことも予想して多めに持ってきた。

ということで、干上がったクリークの奥に入ってゆく。

下が小石が転がる川床で自転車を押しやすい。

コンパスで方角を調べ、太陽の軌道を考慮したうえでテントを設営した。ここなら快適に一日を過ごせるはずだった!

自転車カバーをタープのように張る。
立体裁断で袋状のため、タープとして使いづらい。

カバーにかなりの力が加わるため、テントポールのクロス部分に留めるのではなく、ロープをとって固定した。

中は涼しくて快適。それもそのはず。まだ木漏れ日だけで直接日が当たっていないから。

ようやくテントを張り終えると、残りのチョコレートを食べる。

時間が経つと、直接日が当たるようになって、テント内の温度が急上昇した。

暑くて全身から汗が吹き出した。

テントに掛けるだけだと通気性が悪くなるので、ロープで張って通気性を確保する。

自転車は濃い木陰のところに避難させる。
こんな強い日差しに晒し続けたら、絶対タイヤや樹脂パーツが劣化する。少しでも劣化しないようにする。

しばらくすると、また直接日が当たるようになる。

今のうちに休憩しよう。

テント内は暑いので、外でラーメンを作ることにした。
ハエが少なくて非常に快適。

ここ最近、ストーブの調子が良くなって来た。
おそらくガソリンの品質が良くなったためと思われる。これまで何度も丁寧に掃除をしても、いつも煤を吐き出して真っ黒けになっていた。

貴重なタンパク源のツナ缶を惜しげもなく投入する。
もう町はすぐそこだ。みんな食べてしまえ!

テントの最終形態。

いつものように自転車カバーをテントの上に掛けて、端っこをロープで引っ張った。これが最も簡単で覆う面積が広くなる。今度はこれで決まりだな。

こうして暑い一日が終わったのだった。

明日はMount Isa入りして町の中で泊まる。
Wikicampsによると、安いキャンプ場があるのだが、テントが張れるかどうかは不明。(テントが張れないようなキャンプ場は、そもそもキャンプ場じゃない。)実際に行って確かめる。OKだったら、そこで数日間滞在、ダメだったらシャワーと洗濯して町の外で野宿。町中のキャラバンパークは電源なしでも、どこも20ドルから30ドルで非常に高額。

さて、ブログはこれくらいにしてゆっくりしよう。

走行データ
David Hall RA過ぎ〜WWⅡMemorial RA〜Mout Isa手前約20km
 
走行距離78km、走行時間5h40m、Av13.8km/h、Max24.5km/h
 
ねぐら 干上がったクリーク
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険