最後の試練

こんにちは。からあげです。

Tennant CreekからMount Isaまでおよそ700km。この区間を抜ければ、町と町の間隔が短くなって補給が楽になる。早く楽になりたい!その思いだけでペダルを漕ぎ続けているが、どこまでも単調な風景が続いていて、ペダルを漕ぎ続けるのが非常に苦痛。しかも、針路を東に変えてからは、風がほぼ真向かいになってしまった。先日まで吹いていた追い風は一時的なもので、再びいつもどおりの風が吹く。

今日は出発時より向かい風が吹いていて、徐々に風が強くなって急速に消耗していった。Mount Isaまでグレイハウンドに乗れば良かったのでは?何度もそう思った。しかし、町を出て100km以上も走ったため、今更戻ることはできない。ペダルを漕いでも漕いでも変わらぬ風景に精神が蝕まれ、休憩がいつになく多くなって行った。途中でラーメンでも作ってゆっくりしたかったが、風が強くてラーメンを作る気にもなれず。道路脇では車の爆音とドライバーの視線でゆっくり休めない。それでパンだけかじって走っていたのだった。

もう疲れ果てた。14時過ぎに本日の走行を止めて道路脇でテントを設営した。風が強いうえにペグ効きが悪くてテント設営に手こずった。テントを張って日差しを避けるために自転車カバーで横を覆う。日差し避けにしたため、出入り口は開けっ放しとなった。そのため、鬱陶しいハエがテント内に入ってきて顔を辺りを飛び回る。なんとかならないものか?

この先も、ファスナーが閉まらないテントで走ることになり、それも気を滅入らせる一因になっている。さっさとMount Isaまで行ってしまいたいが、その前に広大な荒野が横たわる。
あまり先のことを考えずに一日一日走って行こう。そうしよう。
先のことばかり考えていると、嫌になる。

明るくなってから7時ころ出発。すでに強い向かい風が吹いている。

常に疲れているんだがね。どうしたらいいのかな?

レストエリアまではなんとかスムーズに到着。

大きなウォータータンクあり。

バルブをひねってみると、なんと空っぽ!
ふぅ〜、これだからウォータータンクは怖い。
全然アテにできないので、結局いつもの量の水を持つことになる。

強い向かい風がおっさんの体力を奪い取ってゆく。

ああ〜辛い。

木陰での休みが多くなる。

またしても木陰。

トイレットペーパーが散乱する駐車場

いつだってレストエリアは糞尿の香りがする。だから休憩や宿泊はしたくない。車の影で大小便を済ませて、さようならする極悪な人間の仕業。

力を振り絞って走るものの、強い向かい風には勝てなくなる。
自転車カバーを敷いてごろ寝。

木陰で休む。

やはり出発が遅すぎた。
風が強くなってからでは距離を全く稼げない。

次のレストエリアを過ぎてから野宿するつもりが20km手前まででいっぱいいっぱいだった。

向かい風で極度に消耗して14時過ぎに早くもテントを張った。
早い時間にテントを張ると、強い日差しを浴びるのが辛い。

自転車カバーがあって本当に良かった。

遅い昼飯にする。
ラーメンを作って食べる。

テント内でゴソゴソ作業する。

しばしの昼寝を楽しむ。

ハエが入ってきて鬱陶しいが、横に慣れるだけかなりマシ。
あまり贅沢を言ってはイカン。

走行データ
41Mile Bore RA20km手前〜Frewena RA20km手前まで
 
走行距離66km、走行時間5h20m、Av12.3km/h、Max19.1km/h
 
ねぐら 道路脇
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険