やることやってから休みにしよう

こんにちは。からあげです。

 

今現在、北西部のKununurraのキャンプ場で滞在中。Cairnsまで残り3,000kmとかなり近くなったので、航空券を購入しておいた。2月あれば十分行けるだろう。間に合わない場合は、バスに乗って移動する。10月下旬の直行便でフライト時間は7時間半。体の負担は最小限で帰国することができる。

今日も朝からテントでゴロゴロしながら動画を観続け、3時過ぎになってようやくシャワーを浴びてから自転車の掃除をすることにした。その時になって自転車の異常を発見する。

キャンプ場は今日で3日目。いい加減出発しようと思った矢先の出来事。今までいったい何をしていたのだろう?自己嫌悪に陥りつつも頭を高速回転させて、どうすればこの場を凌げるか考え始めた。

今朝もゆっくり目の起床。昨晩は2時くらいまで動画を観続けていた。途中で眠気に勝てなくなって就寝。

昨日の遅くなった時点ですでに延泊を決めていた。

10時前になると、事務所に延泊の手続きをやりにゆく。
すでに大方の車が出て行って場内はスカスカになっている。

もう明日はない。3泊で十分。
明日は何が何でも出発する。ただ、とある箇所の異常が気がかり。こういう時は弱気はイカン。

ずらりと並んだゴミ箱。オーストラリア人は本当に並べるのが好き。

朝から延々とスマホで龍が如く5のプレイ動画を視聴する。
削除されないところをみると、ゲームのプレイ動画はグレーゾーンか?ただ、この動画はムービー主体。動画をみるだけでゲームのストーリーが完全に分かる。

昼は BBQコンロでソーセージを焼く。
火力が強く蓋が閉まって効率良く焼ける。

ただ、火力調整と点火消火などの操作が非常に分かりにくい。

ようやく3時過ぎ重い腰を上げて自転車の拭き掃除を行う。その時になって異常を発見する。

なんと右ペダルのベアリングが重たくなっていた!
チェーンの拭き掃除をする時に右ペダルを回す。

以前はスカスカ過ぎるくらい軽かった覚えがあるのに、気がついたら重たくなっていた。確かBroomeでは問題なし。Halls Creekでチェーンに注油した時はこんなに重たくなかったように思える。いつからだろう?

出発直前にペダルをバラしてグリスの入れ替え作業を行っているだけで、オーストラリアでは整備を全く行っておらず。走行距離が10,000kmを超えたところ。整備しなくても大丈夫だろうと思っていたが、甘かったようす。まだ残り3,000kmも残しているため、この重たいペダルではゴールのCairnsまで辿り着けそうにない。

どうしたものか考えていると、スポーツ店の自転車コーナーにパーツが並んでいたことを思い出した。面倒だから今回はペダルを交換しよう。帰国後バラして内部をじっくり点検したい。

スポーツ店で約20ドルのプラスチックペダルを購入した。耐久性に不安があるが、3,000kmなら持つと思った。
ペダルは六角穴なしで15mmのレンチのみ。お店からペダルレンチを借りて作業した。

ワイドなペダルから小さなペダルになってしまうが、この際贅沢は言わない。あるものを付けたらいい。

キツく締まらないようにシールテープを巻いてから取り付けようとすると、なんとネジの径が細くてクランクに付けられない!

あちゃー、やってもうた!

工具を返す時に購入したばかりの新しいペダルを渡すと、なんとペダルを代金を現金で返してくれた。要らないから引き取ってくださいというつもりで渡したのに、お金を返してくれるとはどういうことだろう?

店員さんとのやり取りがスマホで英語翻訳してからになるので非常にもどかしい。こちらの言いたいことがなかなか伝わらない。閉店時間になって時間切れとなってしまったので、明日の朝出直すことにした。

キャンプ場に戻ったあと、右ペダルを分解して中を見てみようと思って作業したところ、逆ネジに気づかずに緩められなかった。

ロックブッシュという金具を痛めてしまった。

力を入れても緩まないのだから、逆ネジだと気づけよ自分!
やっぱり作業前にシマノの取扱説明書を読んでよくべきだった。すでに周囲は暗くなっていたので焦りがあった。

やってしまったことは仕方がないが、昨日自転車の掃除をやっておけば気づいたはず。今日の夕方になってやるから慌てることになる。ホイールトラブルが解決してココ最近油断していた。

オーストラリアではすでに10,000kmと突破し、常にたくさんの荷物を載せて走っているので、自転車の消耗が激しいはずだ。そそろ不具合が出てきてもおかしくない。最近、ペダルがクルクルよく回り過ぎるので、ひょっとしたら傷んできたかもしれないとは思っていた。機械は壊れる直前はなぜか絶好調になることがある。

Kununurraには自転車店はなくスポーツ店のみなので、本格的な整備は無理だろう。お店にあるペダルはネジの径が細いのばかり。となるとあとはペダルを分解整備して使うしかないだろう。

どうする?2ヶ月先の航空券を購入してしまったので、Darwinに寄って整備する暇はなし。とりあえずもう寝よう。寝ながら考えたらいい。

走行データ
Kununurraにて休養
 
走行距離4km、走行時間20m
 
ねぐら キャンプ場
 
おわり
現地レポート
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険