ボトルケージの取り付けと位置調整、ロングツーリングでの使い心地

こんにちは。からあげです。

 

スポンサーリンク

ボトルケージの必要性

2018年年明け早々、初めてのスポーツ自転車を手に入れた私は、夏のロングツーリングに向けて着々と準備を進めていた。すぐに買ったのはボトルケージだった。

自転車は自分がエンジンとなってペダルを漕いで推進力を得るため、水分の補給は欠かせない。大量に汗をかく夏場となれば、多くの水を必要とすることだろう。喉が乾く度にコンビニに寄ってジュースを買って飲んでいては、出かける度にたくさんのお金を使ってしまう。
さらに節約するために食事は自炊が基本となるため、より多くの水が必要になる。

そのため、ロングツーリングにはボトルケージは欠かせない。水を入れたボトルはカバンに入れてもいいが、水場で水を汲む度に出し入れしないといけなし、カバンの空き容量が減ってしまう。そうでなくとも、自転車は限られたスペースしかないのに、水に濡れてもいいボトルをカバンに入れるのは勿体無い。

ボトルは自転車用ものでなく、まずはどこでも手に入る普通のペットボトルを使用してみることにした。試しに使ってみて使いにくければ、その時改めて買うことにした。

 

ボトルケージの取り付け

ボトルケージを取り付ける自転車

ボトルケージを取り付ける自転車はPanasonicのランドナーOJC4。

シートチューブ、ダウンチューブ表、ダウンチューブ裏の3箇所にボトル台座が装備されている。だだし、シートチューブの箇所は、フロントディレーラーの金具と干渉するので、初期で取り付けられている空気入れしか付きそうにない。そのため、実質ボトル台座は2箇所となる。

上の写真では分かりづらいが、シートチューブに空気入れが取り付けられている。

こちらが現存する貴重な写真。2018年北海道ツーリングにゆく際、カバンの容量を増やしたいがために、ダウンチューブのホルダーに空気入れを取り付けていた。
しかし、クリアランスが狭くてクランクが当たるようになり、すぐに外してカバンに入れるようにしたのだった。

ダウンチューブ表側のボトル台座。

プラスのビスが取り付けられている。

ミノウラ AB100-4.5 デュラゲージ

一番始めのボトルケージは、ミノウラのAB100-4.5 デュラゲージ。色は自転車の濃緑と合うように黒にした。

今になって気づいたのだが、これは自転車用ボトル専用のケージだった。どおりでペットボトルを入れると、ゆるくてガタガタすると思った。
重量は軽くシンプルな作りで、どの自転車の合うような感じがする。ジュラルミン製で紫外線で劣化することがないのもいい。

 

軽量で丈夫な2017系ジュラルミン製ボトルケージ

自転車用ポリボトル(直径73mm)を携行するための専用ボトルケージです。
航空機の材料としても使われている軽量で丈夫な2017系ジュラルミン製のため,一般的な5056系アルミと比較すると一回り以上細くても同等の強度を持てるため,はるかに軽い重量に仕上がっています。
AB100-4.5は線径4.5mmのモデルで,主に軽さをねらったロード向けとしています。重量はわずか38グラム。高価なカーボン製ボトルケージの数分の一のコストでほぼ同等の効果を生みます。
AB100-5.5は線径5.5mmのモデルで,軽さよりも丈夫さを重視するMTBライダー向けとしています。もちろんロードに使っても差し支えありません。重量は54グラムと一般的ですが,5056材に換算すれば7mm相当の強度を誇ります。
いずれも自転車のフレームに取り付けるためのM5x12ボルト2本付き。本体と同じく2017ジュラルミン製で,1グラムでも軽くしたい人のために最適です。
5色のアルマイト仕上げと7色の粉体塗装(ホワイトと6色のパントーンカラー)仕上げの,合計12カラーから選べます。
メーカー製品ページより

 

ボトルケージ正面

ボトルケージ側面

ボトルケージ取り付け面

取り付け用の楕円形ビス穴が2個空いている。

ボトルケージの取り付けは、付属のジュラルミンのビスを使用せず、フレームに付いていたビスをそのまま用いた。フレームとの接触面にはグリスを塗って錆びないようにしておいた。

ペットボトルを挿したところ。
自転車ボトル専用ケージのためか、隙間が空いてグラグラする。
近所を走っている時も、なんだか非常に心もとない気がした。

その後、ダウンチューブ裏側にも、同じボトルケージを取り付けた。

ダウンチューブ裏側は、ドロヨケとのクリアランスの関係で、750mlのペットボトルが限界だった。

その後、このボトルケージの配置で、キャンプツーリングに出かけたが、ダウンチューブ裏側のペットボトルを2回も落として紛失したので、ゴムバンドを巻いて落ちないようにした。それ以降は落とすことはなかった。
ダウンチューブ表側のペットボトルは野菜ジュースが入っていた750mlのもの。初期のころはこれでツーリングを行っていた。まだ寒い時期で水の消費量が少なく、水が足りなくなることはなかった。

ミノウラ AB-1600 1~1.5L用大型ペットボトル用ケージ

暑くなると水の消費量が増えて、500mlのペットボトルでは全然足りなくなったので、大型ペットボトルケージを購入した。
これは1~1.5Lのペットボトルに対応したケージで、ボトルに合わせてゴムリングをスライドさせて使用する。頼りがいのある容量でキャンプツーリングには欠かせないものとなっていった。

残念なことに現在は生産終了となっており、市場流通在庫しかない。どこかで見つけたら即買いだ!

 

改良された1〜1.5リットル大型PETボトル用ケージ

1〜1.5リットルサイズの大型PETボトルをフレームに装着するための専用ケージです。ツーリング時の飲用水やキャンプでの調理用水の運搬,あるいはスーパーなどで購入した帰り道などに最適です。
裏ワザとして,一般的な720ml入りワインボトルも装着できます。ただしガラス製には衝撃を与えないよう運搬には注意してください。
ボトルのネック部を保持する機構は,樹脂製のクリップからAB-500のようなエラストマーゴム製のリングに変更されたため,最新のネック部が太くなったボトルにも対応できるようになりました。
ゴムリングは工具なしで自由にその高さを調節することができます。
素材は軽量で丈夫な2017ジュラルミン製。3色のアルマイトカラーから選べます。
メーカー製品ページより

 

ゴムリングをスライドさせてボトルのネックを差し込む。
未舗装の林道を走行中でもペットボトルは外れるようなことは一度もなく、紫外線を浴びても劣化して切れることはなかった。

ボトルケージ取り付け穴のようす

ジュラルミンのつなぎ目部分。

他がしっかり溶接されているので、全く問題はなかった。

ボトルケージ取り付け面のようす

ボトルケージを取り付けたところ。
フレームサイズは460cm。Wレバーとのクリアランスも充分あって邪魔になることはなかった。

1.5Lのコカ・コーラのボトルを挿してみると、ジャストフィットした。
ひょっとしてコカ・コーラのボトルに合うように作られたのだろうか?

ゴムリングのようす

ボトルの底のようす

ジャストフィットしている。角型のペットボトルだと合わないように思える。

少し細身のメローイエロー1.5Lのボトルを挿してみた。コカ・コーラほどのフィット感はないが、それなりにフィットしている。

試しに2Lのミネラルウォーターのボトルを挿してみた。
ゴムリングをいっぱいに上げて上下逆にして挿す。
ゴムリングでは固定できないので、ロープで縛る必要がある。
一時の運搬目的ならこの方法でもいいだろう。

ペットボトルの当たり具合

Amazonのレビューに書いてあったこの方法を試してみた。
ボトルのつけ外しに手間が掛かるため、実際に2Lのボトルを付けて走ることはないだろう。

ミノウラ AB-1600で試してみたボトル3種類

ジャストフィットするコカ・コーラのボトルで決まりだろう。

 

100均のボトルケージ

ダウンチューブの表裏にボトルケージを付けたものの、普段飲むボトルを付けるケージが別に欲しい。取り付けたい位置はハンドル。自転車で走りながらでも、水分補給できるようにしたい。

ネットで検索してみると、ハンドルに取り付けるにはアダプタも必要で結構な出費となる。その後、たまたま100均で見つけたボトルケージを買ってきた。そう、おっさんは100均大好きなのだ!

横からみたようす

取付金具とビス2本が付属している。

パッと見ただけで、取付金具が合わないように見える。
ハンドルに付けてみたところ、全くサイズが小さい。

バイスで曲げて金具のRを広げてみた。

金具を広げてみたところで再トライ。
今度はビスの長さが足りない!

ダメだこりゃ!(いかりや長介風)

やはり100均と言うべきか。

捨てるには惜しいので、そこら辺にあったロープで縛ってみる。
ロープはおっさんの得意分野だ。とりあえず何でもロープで縛ってしまおうとする。

角度を変えてもう一枚。

結束バンドで留めるのがてっとり速いが、付け外しする度にダメになる。
ロープだと付け外しは面倒だが、何度でも再利用できる。

ロープで上下2箇所固定しておいた。

試しにペットボトルを挿してみる。おお、いい感じだ!

この状態で5月に熊野古道・南紀ツーリングに出かけたところ、水の出し入れがしやすいし、飲みやすくていい感じだった。

その後、北海道ツーリングでフロントキャリアにベアキャニスターを積載する時に邪魔になったので、ハンドルのボトルケージを移設することにした。

移設した場所は、ハンドルの手前のステムの横。ちょうどおあつらえ向きの空間があった。

ロープで縛る際は結び目を美しくする。キレイに巻くと見た目がグッと良くなる。

結局、ハンドルに付けるボトルケージは100均のもので落ち着いた。
取り付け方法に問題なし。倒立させてタイヤを付け外しする際は外すことになる。

ロープが微妙に短かったので、繋いで長くした。

六角形のお茶のペットボトルを挿したところ。まずまずのフィット。角型だとキツめで丸型だとジャストフィットする。
もともと100均製なので、細かいことは気にならない。

 

追加の水ボトルはプラティパス

水場のない場所でキャンプする時は、ボトルケージのペットボトル(500ml×2、1.5L×1)を満タンにして、折りたたみ水筒のプラティパスを満タン(2.5L)にしてカバンに入れていた。
合わせて5Lとなり、翌朝の自炊分までは十分持つ。

プラティパスの容量は2Lだが、満タンまで入れると2.5L入る。折りたたみできて軽量コンパクトなので、余分の水ボトルとして持っておくとかなり重宝する。耐久性もそれほど悪くはなく、大事に使えば数年は持つ。

プラティパスの弱点はボトルネック。このようにテントやカッパなどの補修テープを貼っておくと長持ちする。裏側も同じように貼る。これはおっさんお勧めの方法。

 

使用した感想

これで北海道・東北ツーリング4ヶ月7,000kmを乗り切った。

ハンドルに付けたペットボトルには、ポカリスエットの粉末を混ぜて走行中飲み、残りが少なくなってきたら、ダウンチューブ表側の1.5Lのペットボトルから移していた。自転車にまたがったまま移し替えることができて非常に便利だった。

夏場でもダウンチューブ裏側のペットボトルまで使うことはなく、ほとんど予備として持っている状態だった。通常は1.5Lと500mlのペットボトルで十分やりくりできた。

 

重たい水をフレームに付けることによって、より自転車が安定するような気がした。ひと目で残量が分かることと、濡れたボトルのまま挿しても乾いてしまうことも良かった。濡れても良いボトルをカバンの中に入れるのは容量の無駄になる。ツーリングは見た目より使いやすさを重視した方がいい。

ただ、ハンドルの常用するペットボトルは、飲む度にフタの開け閉めをする必要があって、時々面倒くさく感じた。いちいち開けしめしなくてもいい自転車専用ボトルが欲しい。他はボトルケージに付けば何でもいい。

ツーリング後のペットボトル

1.5Lのペットボトルは2回交換、真ん中のダウンチューブ下側のペットボトルは交換なし。左のハンドル取り付けのペットボトルは10日~2週間毎くらいに交換していた。

ポカリスエットの粉末を溶かしていると、ペットボトルの内側にすぐにカビが生えてくる。しかも口が細くて中を洗いにくいのが難点だ。

ボトルケージの中で一番活躍したのは、ハンドルに取り付けたもの。
ケージ本体はスチール製だが、ビニールの被膜でコーティングされているため、全然錆びなかった。紫外線でビニールコーティングが変色しただけ。まだまだ活躍してくれると思われる。

100均製だからと言って侮れない。

ダウンチューブ上側に取り付けた1.5L用の大型ボトルケージ

コカ・コーラのペットボトルはフィット感抜群で、凸凹の未舗装を走っても外れることは一度もなし。ゴムリングは多少劣化したくらいで、まだまだ切れそうにない。切れたら切れたで、別の何かで留めるようにしたらいい。今考えているのはショックコードをコードロックで絞って留める方法。

水のメインボトルとなっていた1.5Lのペットボトル。とりあえず、コイツを満タンにしておけば、喉の渇きで苦しむことはない。

ダウンチューブ下のボトルケージ

走行中はほとんど出番はなかったが、あと500ml余分にあると思うと心強かった。
水場のない場所でのキャンプに備えて常に満タンにしておいた。
脱落防止のゴムバンドをしていたので、未舗装の凸凹道を走ってもペットボトルを落とすことはなかったが、やはり振動が気になった。

後日、自転車をチェックしている時、ケージが削れているのに気がついた。
ペットボトルの角が当たっていた場所が削れてしまっている。

やはりピタリとフィットする自転車専用のボトルを付けた方がいい。今後は、緩衝材としてビニールテープを巻いておくことにする。

 

おわり