初めての自作パソコン~パーツ選び PCケース編~静音ミドルタワー Corsair 100R Silent

こんにちは。からあげです。

はじめに

今回、初めてパソコンの自作に挑戦した中年のおっさんの私。初心者だからこそ分かる初心者の気持ち。これから数回に分けてパソコン自作について丁寧に分かりやすく解説してゆきたい。物覚えと要領の悪さは誰にも負けない。試行錯誤しながら何度も繰り返し、ようやく正解にたどり着く。

BTO(Build To Order 受注生産の意味)パソコンが当たり前になって、既製品のものと比べると格段に自由度が増したが、それでも全て選べる自作パソコンには遠く及ばない。用途や予算に合わせて自分好みのパソコンを作り上げることができる。

パソコンを自作するのは、モノづくりの楽しさを味わいたかったこともあるが、最大の理由は拡張性の高いPCが欲しかったから。ノートパソコンはメモリの交換くらいしかできず、頻繁に買い換えなければならなくて地球と財布には非常に厳しい。

 

パーツ選びはまずPCケースから

用途と懐具合に応じて、必要最低限のスペックのパーツでPCを組み立てる。
私の場合はYou Tubeの動画編集。

初めての自作パソコンだと、何から選んだらいいのか分からない。分からないことだらけでもう訳が分からない。やっぱり自作は次回にしようか。そんなふうに思えてくるが、弱気は禁物。少しずつ勉強して自作に必要な知識を蓄えてゆこう。

PCケースが決まれば、自ずとCPU、マザーボードなどと次々に決まってくる。

 

私が希望するPCケースの条件

ATX対応のミドルタワー

広い設置面積を必要とするデスクトップを選ぶなら、拡張性の高いもの。小さなミニタワーやキューブタイプを選ぶと、ノートPCとたいして変わらず中途半端。かと言ってフルタワーでは大きすぎる。バランスの取れたミドルタワーが最適。

ここで注目したいのは対応するマザーボード。CPUやメモリを取り付けるもとになる基板。Mini-ITX、Micro ATX、ATXの3種類のサイズがあるが、初心者には作業しやすく拡張性の高いATXがよい。

電源ボタンやUSBポートは前面

自作したパソコンは机の上の棚に設置したい。
机の前に座ったまま、電源ボタンを操作したり、USB機器を抜き挿ししたりできるようにする。こういうことに関しては根っからの無精者なもんで。

以前、車の床の上にインバーターを直置きして使用していたところ、1年足らずで壊れてしまったことがある。その後天井付近に設置するようにしたら、壊れることはなくなった。電子機器は繊細で汚れに弱い。床に直に置くとホコリやゴミを吸い込みやすいので、邪魔にならない上の場所に設置する。

静音タイプ

作業に集中するためにはできるだけ静な方がよい。以前、賃貸のボロアパートに住んでいたとき、近隣の生活音に悩まされているうちに音にとても敏感になってしまった。

中身の見えないタイプ

落ち着いて作業するためには中身が見えない方がよい。ぴかぴかLEDが光っていると集中できない。

あと私の通信環境はMVNOの低速回線。深夜の寝ている時にアプリなどの大容量ファイルをダウンロードすることがよくあるので、LEDの明かりが目に付くと寝られなくなる。

5.25インチベイ搭載

以前、アプリケーションはDVDのパッケージ版だったが、現在はダウンロードが主流。そのため光学ドライブは必須装備ではなくなったが、DVDやBlu-rayディスクの作成・再生など、まだまだ活用する機会はたくさんある。拡張性を高めるためにも5.25インチベイは必要。

Corsair 100R Silent

以上、私の条件を全て満たすPCケースがこちら。Corsairの100R Silent。
Corsair(コルセア)とはアメリカ西海岸、シリコンバレーに本社を置くPCパーツメーカー。高品質なPCケースも製造していて人気が高い。現在はゲーム分野に力を入れているようす。

優れた静音性を誇るATX対応ミドルタワーPCケース

100R Silentは、優れた静音性を誇るATX対応ミドルタワーPCケースです。W200mm×D471mm×H430mmのコンパクトサイズ設計、フロントパネル内側、ケーストップ、両サイドパネルにノイズを吸収する吸音材により、ケース内部から発生するノイズを吸収します。フロント120mmファン1基、リア120mmファン1基を標準搭載、最大3基のファン制御に対応したマルチファンコントローラを搭載しています。最大約414mmの拡張カードスペースによりハイエンドグラフィックスカードにも対応しています。ケースボトムには取り外し可能なダストフィルタを搭載して高いメンテナンス性能を発揮します。
株式会社リンクスインターナショナル商品紹介ページより

ケース仕様

品名100R Silent
型番CC-9011077-WW
サイズD471mm x W200mm x H430mm
重量約5.2kg
5.25インチベイ2
2.5/3.5インチシャドウベイ4
拡張スロット7
対応マザーボードATX / Micro ATX / Mini ITX
対応CPUクーラー高さ最大150mm
対応GPU長さ最大414mm
対応電源260mmまでのATX規格電源
標準搭載ファンフロント 120mm×1 / リヤ 120mm×1 
ファンコントロールスイッチ付き(3段階)
搭載可能ファンフロント 140mm or 120mm×2 / リヤ 120mm×1
 

 

ダンボール箱に入った状態。
よし、さっそく開けてみよう!

PCケースは発泡スチロールでしっかりと保護されている。ピッタリと入っていて取り出すのに手間が掛かった。1人に箱を押さえてもらって出すと楽。

日本語の取り扱い説明書付き

各種言語に対応してかなりの厚め。のちに不要な外国語の部分を切り取った。

PCケース全景

シンプルで飽きの来ないデザイン。透け透けタイプが多いなか、とても貴重なPCケース。

ケース正面

正面上部にフロントI/Oパネルあり。電源スイッチ、リセットスイッチ、USB 3.0×2、Audio in/outを装備する。
机の上の棚に設置するので、ケース正面に欲しかった。
最近は床置きが主流なのか、ケース上面に装備されているものばかりだった。

5.25インチオープンベイ2基搭載。最近は光学式ドライブが廃れていて、5.25インチベイ非搭載のものがほとんど。5.25インチは光学式ドライブ以外にも、収納ケース、SSD・HDDや各種USBポートの増設など、使い道がたくさんある。1つで十分だったが、2つもあると使い道を考えるのも楽しくなる。男心をくすぐる5.25インチ。

ケース裏面

リヤ上部には120mmファンが標準装備されている。
左上の開口部はマザーボードの各種USBポートやオーディオ端子のあるリヤパネルを出す穴。
下の大きな開口部は電源ユニットを入れる場所。電源ユニットは付属せず。260mmまでのATX規格電源に対応する。

右上に3段階調節可能なファンコントローラースイッチあり。
3基のファンを制御できる。

サイドパネル固定用ビス。工具無しでも回せる蝶ネジタイプ。

拡張スロットは7つ。
何を挿れるのかは本人次第。夢が広がる。

ケース側面

最近の流行りはサイドパネルが透明で中身が見えるタイプ。LED照明で基板を怪しく照らして鑑賞するんだとか。
静音タイプの100R Silentは、スチール製のサイドパネルで中身は見えない。落ち着きがある昔ながらのケース。内側に吸音材が貼り付けられていて動作音は静か。神経質な私でもそれほど気にならない。

ケース上面

飾り気なしの完全フラット。排気口はなし。
外付けドライブを載せておくのに便利。

ケース底面

底面には吸気口あってダストフィルターが付いている。
4隅のプラスチック製の脚はとても滑りやすい。薄いゴム(自転車の古チューブ)を接着剤で貼り付けると、滑らなくなって安定感がグッと増した。

ダストフィルター。エアコンに付いているものと同じタイプ。簡単に水洗いできる。

ダストフィルターを外したところ。

サイドパネルの取り外し

サイドパネルを外す。
ビス2本を抜いてから後ろにスライドさせると外れる。

内側には吸音材が貼り付けられている。

吸音材のアップ。厚さは1~2mm程度。

サイドパネル固定用の蝶ネジ。
片側2個ずつ、計4個。

ネジの頭に十字溝あり。ネジが固く締まっていて手で緩めることができない場合、プラスドライバーを使って緩めることができる。

PCケース内部

サイドパネル両側を外したところ。
ミドルタワーだけあって内部空間が広い。作業性が良く、冷えやすい。
2.5/3.5インチシャドウベイの一番上に、結束バンドや各種ビスが入った箱があった。

付属ネジ類一覧

結束バンド4
MBD/HDDねじ10
SSD/ODDねじ16
SSDなべ頭ねじ4
短いファンねじ16
長いファンねじ4
マザーボード絶縁体1

 

5.25インチオープンベイ

工具無しでドライブ類の着脱可能。

2.5/3.5インチシャドウベイ

2.5インチと3.5インチの兼用タイプが4つ。こちらも工具無しで着脱可能。

プラスチック製のトレイはサイドに引き出すことができる。

プラスチック製のトレイは非常に安っぽい作りなのが残念。工具必要でもいいから、丈夫な作りにして欲しかった。

標準装備の120mmフロントファン

5.25インチベイと2.5/3.5インチベイの間に設置されている。
2.5/3.5インチベイの前面にフロントファンを1基増設できる。

DC12V 0.38A ブラシレスファン

標準装備の120mmリヤファン

前面と底面から吸入した空気を後方に排気する。フロントファンと同じもの。ファンコントローラー周辺のケーブルが束ねられている。

フロントI/Oパネルのコード類。
USBや電源スイッチ、LEDなど。

裏側

ケーブルホールが多数あってきれいに配線処理することができる。
サイドパネルとの隙間が少ないため、2.5/3.5インチシャドウベイ機器の通信・電源ケーブルはL字タイプが必要。

PCケース Corsair 100R Silentの感想

2.5/3.5インチシャドウベイのトレイがプラスチック製でヤワなこと、ケース底の脚がプラスチック製で滑りやすいことの2点が不満。

これらを除けば非常に満足している。
手頃な価格でシンプルかつ静か。初心者でも扱いやすい。とても気に入った。少なくとも10年は使えそうな気がする。これから大事に使ってゆこう。