初めてのLinux Ubuntu ~ISOイメージファイルを入手する~

こんにちは。からあげです。

動作が鈍い低スペックのノートPCにストレス

自作デスクトップPC

先日、初めての自作パソコンに挑戦して無事に完成させることができた。
長い時間を掛けて組み立てたPCだけあって愛着がとても湧き、すでになくてはならない私の相棒になっている。ウェブサイトの制作はもちろん、動画編集にも十分過ぎるほどのスペックで、何不自由なく快適に使うことができている。

20160122-080651-0

その一方で、活躍の場を奪われたLenovo X250。2016年1月に購入したノートPCで、小型B5サイズの省電力タイプで持ち運んで使うのにとても便利だった。しかし、少しばかりの金をケチってCPUをintel core-i3 にしたのが間違いだった。せめてcore-i5にしていれば。と何度悔やんだことか。

内蔵HDDをSSDに換装し、メモリを4GBから8GBに増量するなどして、ノートパソコンを使用していたものの、とうとう我慢の限界が来た。文字の変換スピードが異様に遅く、短い文章を打つだけでもストレスが溜まるようになっていた。「私のタイピングの速さにPCが付いて来れないとは!」などと自己陶酔に浸るおっさんだった。

デスクトップPCを自作してノートPCはサブ機として使うことになったものの、非電化の小屋ではまだまだノートPCを使わなければならない。だがストレスが溜まるノートPCは絶対に使いたくない。

さて、どうしようか。

 

ついにLinuxに手を出す

帰属: lewing@isc.tamu.edu Larry Ewing and The GIMP

以前から気になっていたLinuxをインストールして使ってみることにした。
Linux(りなっくす)とはWindowsやMac OSなどと同じオペレーディングシステム(OS)の一種でパソコンを動かすためには欠かせないもの。不要なものがなくて軽快に動作するのが特徴。なんと言っても、オープンソースのソフトウエアのため無料で使用できることが嬉しい。
スマートフォンのAndroidもLinuxをもとに作られている。

重たいWindowsはもうたくさん。ユーザーの利便性よりも自社の利益を最優先に繰り返される無意味なバージョンアップ。そしてその都度重たくなってゆくパソコン。終いには強制買い替えだ。とうとう我慢の限界が来た。

Linuxは数多くのディストリビューション(種類)がある。日本語サポートがあってWindowsに似ていて、初心者にも扱いやすいと言われる「Ubuntu(うぶんとぅ)」を使うことにした。
Ubuntuはもともと南アフリカのズールー語の言葉で「他者への思いやり」を意味するそうな。開発チームのみなさん、どうもありがとう!

これまでWindowsの再インストールは何度もやっているし、つい最近の自作PCの時にもやったので記憶に新しい。Windowsに比べて圧倒的に利用者が少ないUbuntuだが、ネットで検索すれば必要な情報はすべて揃う。よし、さっそくやってみよう。

 

Ubuntuインストールの流れ

公式サイトからISOイメージファイルをダウンロードする。
          ↓
ISOイメージファイルをDVDに焼いて起動ディスクを作成する。
          ↓
BIOSの設定を変更して光学ドライブから読み込むようにする。
          ↓
DVD起動ディスクでUbuntuをインストールする。
          ↓
各種設定、必要なソフトウエアをインストールする。

 

公式サイトからISOイメージファイルをダウンロード

Ubuntu公式サイト トップページ

Ubuntu公式サイト(https://www.ubuntulinux.jp/home)

Ubuntu(ウブントゥ) とは、コミュニティ により開発されているオペレーティングシステムです。ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバーに利用することができます。Ubuntuには、家庭・学校・職場で必要とされるワープロやメールソフトから、サーバーソフトウェアやプログラミングツールまで、あらゆるソフトウェアが含まれています。

 

トップページの「Ubuntuのダウンロード」をクリックすると、Ubuntuno入手というページが表示される。

jp.ubuntu.comのダウンロードページへ」をさらにクリックする。

Ubuntuを入手するというダウンロードページが表示される。
一番上の左、緑色のボタンが表示されている「Ubuntu Desktop 20.04.1 LTS」を選択する。
普通のパソコンとして使える最新版。LTSはlong-term supportの略で5年間のセキュリティアップデートとメンテナンスアップデートが保証されている。
 
2021年3月現在、最新版「Ubuntu Desktop 20.04.2.0 LTS」がリリースされています。
 
 

Ubuntu Desktop推奨システム

2GHzデュアルコアプロセッサ以上
4GBシステムメモリ
25GBのハードドライブ空き容量
DVDドライブまたはUSBポート(インストールメディアとして使用)
インターネットアクセス(推奨)

 

インストールするノートPC(Lenovo X250)のスペック

Intel Core i3-5010U 2.1GHz(コア数2、スレッド数4)
メモリ 8GB
ストレージ SSD250GB
外付けDVDドライブ
無線Wifi(MVNO mineo)

システム要件は全て満たしている。光学ドライブが内蔵されていないため、外付けDVDドライブを使用した。

 

緑色の「ダウンロード」ボタンをクリックすると、「Ubuntuのダウンロードありがとうございます」と表示される。なぜか自動的にはダウンロードされない。「こちらをクリックしてください。」をクリックしてもいっこうにダウンロードが開始されない。

そこでUbuntuの入手のページに戻り、「日本語 Remix イメージのダウンロード」ボタンをクリックした。

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロードページが表示される。
 
一番上のリンク「ubuntu-ja-20.04.1-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)」をクリックするも、さきほどと同じくダウンロードを開始せず。
どうなっているのだろう?
 
 

Google ChromeではISOイメージファイルがブロックされる

何度クリックしてもダメなので奥の手、右クリックの「名前を付けてリンク先を保存」からデスクトップ上にISOイメージファイルをダウンロードすることにした。
今回はGoogle Chromeでダウンロードを強行したが、ほかのブラウザを試してみるのもいいかもしれない。

ちなみに先ほどのjp.ubuntu.comのダウンロードページからでも、名前を付けてリンク先を保存を使えばダウンロードは可能になる。

安全にはダウンロードできません」という警告文が表示がされる。
下矢印から継続をクリックすると、ようやくダウンロードを開始するようになる。

右下の全て表示のボタンを押してダウンロードの詳細を表示する。
回線が低速のmineoのため、ダウンロードするには長時間かかる。高速クーポンはもしもの時のため(バックアップファイルのダウンロード用)に温存しておく。

ISOイメージファイルのサイズは2.6GB。ファイルの保存先は特に指定しなかった場合は、ダウンロードフォルダに格納される。
こうしてダウンロードが完了してISOイメージファイルを入手したあと、DVDの起動ディスクを作成することになる。

今回はここまで。次回はライティングソフトImgBurnでのDVD起動ディスクの作成。

 

つづく

スポンサーリンク
Ubuntu
スポンサーリンク
からあげ隊長の冒険